彼岸はいつ?由来

お彼岸っていつなのでしょうか?

実際にはどのような意味のある風習なのでしょうか。

きちんとした知識を持っていれば一目置かれること間違いなしです。

今回は、お彼岸の期間を確認して、どういうものなのかも紐解いていきたいと思います。

スポンサーリンク

彼岸とは?由来と意味

『彼岸(ひがん)』とは、
サンスクリット語の『パーラミター』を漢字で表記したもので『到彼岸』の略とされています。

「煩悩に満ちた現世である此岸を離れて修行を積むことで煩悩を脱して、悟りの境地に達した世界(彼の岸)に到達する」

このような意味が込められています。


仏教の用語では、三途の川(さんずのかわ)を挟んで
ご先祖様の霊が住むあちらの世界のことを『彼岸』と言い
三途の川を挟んで私たちが住む世界を『此岸(しがん)』と言います。


このことからも、彼岸にはご先祖様を敬う慣習だとお分かり頂けるかと思います。


昔は仏様がいる極楽浄土は西にあるとされていたので、
太陽が真東から昇り真西に沈む春分と秋分の時期は、先祖供養をする

こういう考え方が浸透していったのですね。


それでは、彼岸の時期をもう少し詳しく見ていきましょう。

お彼岸っていつ?2017年の春と秋

彼岸は春と秋で年に2度あります。


春彼岸:春分の日を中心に、春分の日の前3日と後3日(7日間)

2017年は、3月17日~3月23日
(春分の日は3月20日)


秋彼岸:秋分の日を中心に、秋分の日の前3日と後3日(7日間)

2017年は、9月20日~9月26日
(秋分の日は9月23日)


彼岸の最初の日を『彼岸入り』と言いいます。

春分・秋分の日がちょうど真ん中にあたり『中日(ちゅうにち)』といって
最後の日を『彼岸明け』と言います。


春分にしても、秋分にしても、季節の変わり目と呼ばれる時期ですね。

これが「暑さ寒さも彼岸まで」と言われる理由でしょう。


また、春分・秋分は毎年日付が変わります。

これは、太陽の位置から暦を読む『二十四節気』により日が決まるからです。

それにより彼岸の期間も毎年変わるため
時期は固定されていないことを覚えておきましょう。


彼岸の時期は、家庭では仏壇や仏具の掃除をし、
朝晩とろうそくを灯し、お線香をあげ、供花やお供え物をします。

仏壇がない家庭は、お墓参りに行きご先祖の供養を行います。

年に2回のことなので、できれば家族揃ってお墓参りをするようにしたいですね。


お墓参りで持って行くべきものは以下のものです。


① お線香
② ろうそく
③ マッチ(ライター)
④ 供花
⑤ お供物(故人が好んでいたもの等)
⑥ お墓掃除用のブラシ等



お墓参りでは、まずお墓の掃除からしましょう。

ブラシなどで、香立てや墓石の彫刻部分など細かいところまで掃除します。


お寺によっては、掃除用のタワシやブラシを貸してくれるところもあります。
お墓を入念に掃除すると、心が洗われるような気分になりますよ。


掃除の後は、供花やお供物を置きますが、
お菓子や果物などのお供物は、お皿や半紙の上に置くようにします。

供花は花立ての長さに合わせて整えます。

綺麗に磨いた仏壇やお墓でご先祖様をお迎えしましょう。


続いては、実際、法要はどうするか?お布施の相場はどれくらいか確認

スポンサーリンク

お彼岸とお布施の相場

彼岸の間、お寺にて『彼岸会(ひがんえ)』という彼岸法要が行われます。


彼岸会とは、彼岸時期にお坊さんに御経を唱えてもらいご先祖を供養する行事のこと。

お寺にて合同で行うもの、お寺にて個別に行うもの、自宅にて個別に行うものがあります。


お墓参りだけでなく彼岸法要を行う場合は、お布施が必要となります。

相場としては、以下のようになります。


⑴ お寺で開催する合同の彼岸法要をする場合は3,000〜10,000円

⑵ お寺で個別に彼岸法要をする場合30,000〜50,000円

⑶ 自宅にて個別に彼岸法要をする場合30,000〜50,000円、お車代として3,000〜5,000円


お布施は白無地袋や市販の白い封筒(郵便番号欄のないもの)に入れます。

封筒の表書き・上段に通常の墨で「御布施」と書き、下段に名前を書きます。


封筒の裏面は、下の方に金額を記入します。
くれぐれも現金をそのまま渡してはいけません。


お渡しするタイミングは、法要が始まる前に挨拶の機会があればその時に。
もし機会がなければ、法要後のお礼の挨拶の時にお渡しします。


お布施の封筒は、袱紗で包んでおき、
渡す時に袱紗を開いて袱紗の上にお布施を乗せた状態で渡すようにします。


お布施は、お経を唱えてもらわずお墓参りだけであれば必要ありませんが、
僧侶やお寺への日頃の感謝の気持ちとしてお渡しする場合もあります。

最低限のマナーは覚えておきましょう。


最後にお彼岸の豆知識として・・

お彼岸の「おはぎ」と「ぼたもち」の違いとは

お彼岸の食べ物といえば『おはぎ』や『ぼたもち』。

でも『おはぎ』と『ぼたもち』って同じようなものですよね。
なぜ呼び方が違うのでしょうか。


これには、春彼岸に『牡丹(ぼたん)』が咲き、
秋彼岸に『萩(はぎ)』が咲くことが関係しています。


材料である小豆には邪気を払う効果があるとされており、
古くからお供物として利用されてきました。


小豆の収穫時期は秋になるため、皮が柔らかい秋は粒あん
皮が固くなってしまう春はこしあん、として食されます。

それぞれの花にちなみ
春彼岸は牡丹餅(こしあん)
秋彼岸はお萩(粒あん)』となったのです。


その他に、地方により彼岸に野菜やキノコの天ぷらを食べるところもあります。


現在は天ぷらといえば、衣をつけて油で揚げる天ぷら全般を指しますが、
昔は魚介類のみを指していました。


それ以外の野菜やきのこは『精進揚(しょうじんあげ)』と呼ばれていたのです。

肉や魚などの殺生料理とは違いお供物にも向いていたことから、
彼岸時期に精進揚(野菜やキノコの天ぷら)を食べるようになったと言われています。


また、彼岸は自分のための修行時期だとも捉える考え方もあり、
手間のかかる精進料理をお供物として作る習慣の地域もあるようです。


地域により様々ですが、
やはり一番浸透しているのは『おはぎ』や『ぼたもち』ではないでしょうか。


お彼岸のお供え物の金額はいかほど?「のし」ではない掛け紙の書き方

まとめ

彼岸についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

この時期にお墓参りや先祖供養をするのは、日本独自の文化です。


春分・秋分が春の種まき時期や秋の収穫時期と重なるため、
自然の恵みに感謝する気持ちからご先祖を大切に敬う行為に繋がっているのだと思います。

先祖代々受け継がれてきた慣習をいつまでも大切にしていきたいですね。

スポンサーリンク

関連記事