岩手の雪祭り、かまくら

岩手雪まつりの日程、アクセス見どころ等をご紹介。
 
子供の頃は雪が降るとワクワクしたものです。


雪だるまを作ろうかな、かまくらを作ろうかな、雪遊びのことばかり考えていました。
大人になるとそんな「雪遊び」をすることも無くなりますよね。

ですが、たまには雪国で雪遊び、してみませんか?

スポンサーリンク

岩手雪まつり 日程と見どころ

岩手県の小岩井農場では
毎年みちのく5大雪まつりである「いわて雪まつり」が開催されています。


「見て、ふれて、遊ぶ、岩手の冬」というコンセプトの元
雪像やかまくら、花火などが楽しめる、雪国らしいお祭りです。


なんといっても、見どころは数千人規模で作成される雪像、毎年圧巻の出来栄えです。

雪祭りの雪像といえば、北海道の札幌雪祭りが有名ですが、岩手も負けていません!


いわて雪祭りの雪像 かまくら イルミネーション

18時半ごろには花火が上がり、雪像もライトアップされ、幻想的な光景が広がります。


そして、地元の食事も堪能できて
かまくらの中で甘酒やジンギスカンを楽しむこともできるんですよ!

雪国ならではの経験ですね。


歴史も長く、昭和43年に第1回雪まつりが開催されてから、現在まで続いています。

「冬の寒い岩手でも、ぜひ観光客のみなさんに来てほしい」
「雪を楽しんでほしい」という想いから
最初はたった12基のかまくらをつくって開催されたそうです。


それが今では、毎年30万人以上が来場する、岩手を代表するお祭りになりました。


会場である小岩井農場は、重要文化財に指定されるような歴史的建造物もあります。

歴史を感じながら雪や食事を楽しめる、贅沢なお祭りとも言えますね。


<開催日時>


2017年は2月4日(土)から2月12日(日)
9時から21時に開催される予定です。


ちなみに、2017年は特別に「春節期間」が設けられ

2017年1月28日(土)から2月2日(木)
9時から17時に早めの雪まつりが楽しめます。


本番の2月12日へ向けた雪像の準備風景なども見られるので、
春節期間と本番、二度楽しむこともできそうです。


2017年は記念すべき第50回目の岩手雪まつり。

いつもよりも一層盛り上がることが期待されますね。

続いてはアクセスや宿泊など

スポンサーリンク

岩手雪まつりへのアクセス・宿泊と注意点

いわて雪祭りアクセス

岩手雪まつりの会場である小岩井農場はアクセスも良好。

雪まつりの期間は臨時バスが「盛岡駅」の盛岡バスセンターから出ています。

盛岡駅から会場まではバスで約40分程度。


ただし、運転本数は一時間に一本程度と少々少な目です。

朝の9時頃から16時頃までの運行となるので
よく時間をチェックしてから利用しましょう。


また、車で来場することも可能で
雪まつり期間中は2000台も駐車できる無料駐車場が利用できます。

渋滞情報をチェックしながら向かってくださいね。


岩手雪まつりの公式ホームページでは渋滞時の迂回回路も書かれています。
要チェックですね。

岩手雪まつり公式ホームページ

更に、雪まつりだけではなく、
地元の温泉を楽しむために旅館で一泊するなんていかがでしょう。


近くにはスキー場から温泉旅館まで宿泊施設はかなり充実していますよ!


特に「玄武温泉ロッヂたちばな」はオススメの宿泊施設。


岩手雪祭りの温泉、宿泊

岩手雪祭りの宿泊

おしゃれなロッヂの雰囲気と温泉が楽しめて、雪まつりの会場への無料シャトルバスまで出ているという至れり尽くせりな宿泊施設なのです。


そして、帰り道は湖へちょっと寄り道するのもいいでしょう。

五所湖広域公園は小岩井農場からもほど近く
美術館もある静かでゆったりした時間を過ごせる公園です。

雪の芸術から温泉、湖と盛りだくさんの旅になりますよ。


くれぐれもお出かけの際
バスの時間や渋滞情報をこまめにチェックしながら移動してくださいね。


移動をスムーズにして時間に余裕ができれば
雪まつりだけではなく周辺のグルメも思いっきり楽しめます。


札幌雪祭りはコチラ
札幌雪祭りの日程と期間 アクセス状況と見どころは?

「まとめ」

いかがでしょう。

岩手の冬を思いっきり堪能できる「岩手雪まつり」は魅力がいっぱいですね。

第50回という記念の年だからこそ、気合が入っていそうです。

家族でロッヂに泊まって温泉を堪能するもよし
仲間と誘い合ってウィンタースポーツと雪まつりを同時に楽しむもよし。

雪国ならではの贅沢をご堪能ください。

スポンサーリンク

関連記事