お彼岸のお供えマナー

お彼岸の時期にご実家へ帰省される際、一番の悩みはお供え物ではないでしょうか。

親族に限らず、お彼岸に知人のお宅に訪問する機会もでてくるはず。

お供え物はどうするか、金額はどれくらいか?

恥をかかないためにも最低限のマナーを学んでおきましょう!

スポンサーリンク

お彼岸のお供え物は何にする?金額の相場

お彼岸のお供え物と聞くと
『ぼたもち』『おはぎ』を思い出すのではないでしょうか。


材料である小豆は邪気を払うと言われており、
昔からご先祖様の供養に結びついてきました。


お彼岸の時期に咲く花『春彼岸の牡丹(ぼたん)』『秋彼岸の萩(はぎ)』に関連し
お彼岸に『ぼたもち』『おはぎ』を食す習慣が根付いていったのでしょう。


しかし、皆が皆『ぼたもち』や『おはぎ』を持ち寄っては収拾がつきません。

他にはどのようなお供え物が良いのでしょうか。


お供え物には、『故人がお腹を空かせて餓死をしないように』
という意味が込められています。


ご先祖様を敬い・思いやる気持ちから、このように浸透したのでしょう。

そのことから、お菓子や果物、故人が好きだったものをお供え物としています。


また、お彼岸の法要としてお寺へ行かれることもありますが、
その際は、お寺へのお供え物もあった方が良いでしょう。


○ご実家・親戚宅・知人宅へのお供え物

・お菓子
・季節の果物
・故人が好きだったもの(食べ物やお酒など)


食品ではないですが、香りの良いお線香も喜ばれます。

お線香の香りは仏様に届くとも言われています。
綺麗な絵柄の入ったロウソクも良いですね。

お線香もロウソクも消耗品のため、仏壇をお持ちの家庭では必需品です。


○お寺へのお供え物

・お菓子(お饅頭・羊羹・クッキー・おせんべいなど)

お寺へのお供え物は、日持ちがするものが良いです。


お墓参りだけでお寺へ出向かれる場合は、
お寺へのお供え物は持参しないことが多いです。


お供え物の金額はその家や地域にもよりますが
一般的に3,000〜5,000円程度とされています。


また、初彼岸の際
ご仏前としましてお金を包む時は、5,000円くらいが相場です。


現金3,000円を包み、2,000円くらいの品物を持っていく風習の地域もあるようです。


続いて、お供え物に関して、他にはどのようなマナーがあるのか紹介いたします。

スポンサーリンク

お供えのマナー

御宅へ訪問する時は手土産を持って行きますが、
お供え物の菓子折りの他に手土産を準備するのか悩む人は多いでしょう。


これは訪問する御宅や地域によりますが
通常はお供え物があれば別途手土産を持って行く必要はないです。


品物ではなく現金をお渡しする時は、
黒白か双銀の水引きの不祝儀袋に3,000〜5,000程度包むのが相場です。


表書きは「御仏前」か「御供物料」になりますが

故人の49日の法要前は「御霊前」となります。

墨は薄墨ではなく、普通の墨で問題ありません。


御宅へ訪問したら、まず施主に渡し「御仏前にお供えください」と一言添えます。
くれぐれもお供え物を勝手に仏壇へ供えてはいけません。


また、ご自身が施主である場合は、
お供え物として頂いた金品の1/2〜1/3程度の金額の品物をお返しするのが良いでしょう。



相手との関係性にもよりますが、
基本は頂いたお気持ちに対してお返しをするのはマナーです。


お返しとしては、洗剤・海苔・お茶・タオルなどがお薦めです。

最近はカタログギフトを贈られる方も多いようです。

では、お供え物やお返しの品にはどのような掛け紙を選べばよいのでしょうか。

お供え物と熨斗(のし)・掛け紙の書き方

熨斗(のし)』という言葉


贈答品にかけてある表書きや、名入りの掛け紙を想像する方が多いですが

熨斗とは慶事用の掛け紙に記してある、お祝いの飾りのことを指します。
(水引きの右上にあるマークのこと)

熨斗(のし)お彼岸


『熨斗』が記してある『掛け紙』なので、
『熨斗紙(のしがみ)』や『熨斗(のし)』と呼ばれているんですね。


そのため、お供え物などの弔事では
『水引き』のみで『熨斗』は記されませんので『掛け紙』と呼びます。



お供え物には、水引きが黒白か双銀の結び切りの掛け紙で、
表書きは「御供」・「御供物」が一般的です。


一部地域は、水引きを黄白の結び切りにしているところもありますので
購入の際に店員の方に尋ねるのもよいでしょう。


また、頂いたお供え物のお返しには、水引きが黒白か黄白の結び切りの掛け紙で、
表書きは「粗供養」か「」になります。


水引きの色や表書きに関して、地域により違いがあるようです。

できれば、事前に親族や知人に確認をされることをお薦めします。


お彼岸はいつ?春・秋の彼岸入りを確認。由来も解説。

まとめ

お彼岸のお供え物のマナーについて、いかがでしたでしょうか。

弔事に関連することは、聞き慣れない・見慣れない言葉も多く
敬遠しがちですが、覚えておくと必ず役に立つ作法です。

ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

関連記事