仏滅の結婚式

「仏滅に結婚式を挙げると料金が安くなる」という話、聞いたことありますか?

仏滅は縁起が良くないから安い?
そもそも仏滅って何?

今回は仏滅と結婚式の関係を具体的な例を交えて見ていきましょう。

スポンサーリンク

仏滅の結婚式はダメ?

仏滅』は六曜と呼ばれる暦注の一つで
先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口』の順で繰り返されています。


『仏滅』は、もともとは『物滅』と書かれ「すべてが虚しく終わる日」と解釈されていました。

これが近年になり『仏』の字が当てられ『仏滅』と表されるようになります。


六曜の中で最も凶の日とされ、お祝い事は避ける風習が古くから根付いていました。


反対に、『大安』は「あらゆる物事が良い方向に向かう日」として
お祝い事をするのに良い日と解釈されています。


そのため結婚式を挙げる時に『大安』を選ぶカップルが多いです。


しかし、六曜は室町時代に占いのような感覚で使われ始め、その根拠は明確ではありません。


解釈によっては、仏滅を「物がいったん滅び、新たに始まる日」とし
縁起が良い日とされることもあるようです。

つまり、仏滅に結婚式を挙げること自体は全く問題はありません。


ですが、古くから根付いた仏滅に対するイメージにより、
この日にお祝い事を行うことを快く思わない人がいることも事実です。


結婚式ではたくさんのゲストを招きます。

新郎新婦が構わないと思っていても
仏滅の日取りでの結婚式はご両親などに一度相談してから決める方がいいでしょう。


最近では、当人も親族も六曜にはこだわらず
総合的に判断し日取りを決める傾向にあるようです。


それではもし仏滅に結婚式を行うなら、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

仏滅の結婚式は費用が割引

『仏滅割引』という言葉があるくらい
仏滅に結婚式を挙げることには金銭的メリットがあります。


結婚式会場にもよりますが

「合計金額から5%〜20%」
「花嫁のドレス1着分(約20〜30万円)割引」
「招待客一人当たり1,000〜3,000円の割引」などの特典があるようです。


仏滅は大安に比べ結婚式を行うカップルも少ないため、
結婚式場としても特典をつけて集客を上げた方が利得があるのでしょう。


では実際、結婚式にはどのような費用がかかるのか具体例を挙げていきます。


<招待客70人・ホテルウェディング>

挙式料:30万円
料理・飲み物(一人当たり2万円):140万円
新婦のドレス・装飾品:30〜40万円
新郎の衣装:10〜15万円
引き出物など:30〜40万円
ブーケ:5万円
撮影料:30〜50万円(ビデオ撮影込み)


上記は基本的な内容ですが、少なく見積もっても280万円弱。

これに演出料や衣装直しのドレス等含めると300万円は超えてしまいます。


一般的な相場としても
招待客50〜60人:200〜250万円
招待客70〜80人:300〜350万円」ほど。


ご祝儀を結婚式の資金として考えたとしても
自己負担額は平均で100万円近くはかかってきます。


結婚式の後のハネムーン
新居のことを思うと、抑えられる出費は抑えておきたいところですね。


仏滅に結婚式を挙げるメリットは金銭的なことだけではありません。

通常、結婚式場では1日に数組の結婚式を行っており
大安ともなると会場は大忙しです。


結婚式場では、花嫁同士が合わないような配慮はしてますが、人数が多ければそれも難しく、式場が混雑するとお料理の配膳やサービスにも影響が出てきてしまいます。


その点、仏滅は混雑がないため
ゆったり落ち着いて結婚式を行えた、という声を多く聞きます。


他にはどんな声があるのでしょうか。

仏滅に結婚式を行ったカップルの感想をいつくか見てみましょう。

スポンサーリンク

仏滅に結婚式を挙げたネットの声


★私達は高めのゲストハウスでしたが、トップシーズンの仏滅で15万円オフになりました。
オフシーズンだと20万円くらい安くなるみたいです。

★日取りにこだわりはなかったので仏滅にしましたが、
5月の結婚式人気シーズンでしたので割引はほとんどありませんでした。
「仏滅であっても午後なら次の大安に向かい気が上昇することになるのでまったく問題はないですよ」と会場の人が言っていました。


★季節特典(9月・10月の式)と仏滅の特典が適用され
これだけで60万円ほど値引きされました。(総額約350万円のところ約290万円)


★仏滅の結婚式だとフリードリンク2,700円×人数分がサービスされます。
両親の貸衣装代も無料。安くなるので、仏滅の結婚式は人気らしいです。


★仏滅の結婚式は、料金も安くなるし、仏滅特典で有料のものが無料になったり
一組限定だったり。その分、新婚旅行に回せました。




など、通常の結婚式では付いていない特典や割引があり、喜びの声が多数ありました。


しかし、ご両親が快く思わず仏滅の結婚式を断念したり
後々になにかあった時に周りから「仏滅に結婚式を挙げたから上手くいかなかった」
と言われたりと、デメリットもあるようです。


そういう声も踏まえて、仏滅に結婚式をしたカップルの中には「本日は仏滅で最低の日ですが、それは、これからは上昇するという意味。幸せな家庭を築いていきます」と、前向きな方向にシフトしたスピーチをした方もいたようです。


もしご両親に反対されてしまっても、
機転を利かせて上手く説得できるようにしておけば良いかもしれませんね。

まとめ

最近では、仏滅や大安にこだわらず結婚式をする人も増えています。

しかし、日本は、周りから外れた行動や言動をすると必ずなにかを言う人が出てくる社会のため
仏滅に結婚式を挙げるということは、ある程度の覚悟も必要かもしれませんね。


これは当人たちの心持ち次第なので
総合的に判断してデメリットよりメリットの方が多いと感じたら
仏滅の結婚式も検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事