舌苔の取り方

「舌苔」という漢字、あまり馴染みが無いかもしれませんね。

読み方は「ぜったい」です。
ですが「舌の上が白くなっている、膜のようなもの」と説明するとどうでしょう。
ピンときませんか?

厄介な舌苔は正しい取り方で除去しましょう。
実は舌のケアってとても大切です。

スポンサーリンク

舌苔の取り方は「はちみつ」が良い?

まず、舌苔の取り方、舌の正しいお手入れ方法を紹介します。


一番イメージしやすいのは「歯ブラシでベロの上をこすって舌苔を落とす」
という方法かと思います。


ですが意外にも、歯ブラシでゴシゴシと舌をこするのは危険なお手入れ方法。


タオルで舌苔を拭き取るということも、やってはいけない方法のひとつです。
なぜなら舌の表面はかなり繊細で、傷つくと味覚にも支障が出てくるから。


正しい舌苔の取り方は、とにかく低刺激で行うということがポイントですよ。


例えば、口の中で舌を上あごにくっつけてそのまま前後に動かしてみて下さい。

上あごが洗濯板のような役割を果たして舌苔が取れていく感じがしませんか?

取れた舌苔はうがいをして洗い流すといいですね。

シンプルで舌を傷つけることなくお手入れできる方法です。


ただ、舌苔の取り方はこれだけではありません。
様々なアイテムを使って舌苔のお手入れを行うことができます。


中でもおもしろいのは「はちみつを舐める」というお手入れ方法。


ハチミツ

はちみつに含まれている栄養分が舌苔の分泌を抑えてくれて、
トロッとしたはちみつが舌苔を優しく取り除いてくれるのです。


甘いものが大好きな方は特に実践したい舌苔お手入れ法ですね。


ちなみに「舌苔お手入れジェル
というアイテムも販売されているので要チェック。

舌苔のジェル

ジェルと舌専用ブラシをセットで使う場合が多いのですが、
イメージとしては「舌の歯磨き粉」といったところでしょうか。


歯磨きと同じ感覚で、優しく舌も清潔に保ちたいですよね。

舌苔の原因を知っておく

そもそも、舌苔とは何者なのでしょうか。


舌苔の原因や予防策も気になりますよね。

ずばり、舌苔とは舌の上にある角質に、汚れや細菌が付着して白く変色した状態。

白くうっすらと舌の表面を覆っているというイメージが強いかもしれませんが、
汚れの種類や細菌によっても色が変わってきます。


つまりは、舌にくっついてしまった垢のようなものということですね。


薄く舌苔が付着していることは珍しくありませんが、
真っ白になっていると口臭にもつながります。


なんといっても、食べカスや細菌が付着している状態なのですから、
イヤな臭いを発するのは当たり前ですね。


いいこと無しの舌苔、できるだけ発生しないようにしたいですが
加齢と共につきやすくなるとも言われています。


高齢者やストレスなどで唾液の分泌が減っている人が舌苔の量が多くなるのです。

唾液は口内を殺菌する力も持っています。


ですから、口の中が乾いた状態になりやすい人は雑菌も繁殖しやすく
舌苔も増えやすいということですね。


続いて日頃のケアをご紹介します。

スポンサーリンク

舌苔と口臭予防・日頃のケア

とにかく、舌苔や口臭を予防するためには
適度に唾液を出せるように生活環境を見直すことが欠かせません。



歯磨きは朝晩しているでしょうか、柔らかい食品ばかり食べていないでしょうか
緊張の連続で口が乾く時間が多くなっていないでしょうか。


歯磨きで口内を清潔に保つことはもちろん
唾液が出やすくなる硬い食感の食べ物も積極的に食べるようにしましょう。


また、上手にストレス発散をして、緊張しっぱなしの時間を減らすことも大切ですね。


意外かもしれませんが、ストレスと口内環境はとっても深く関係しています。

緊張すればするほど、唾液は出にくくなっていくのです。


ストレスが多く、緊張する時間が多ければ唾液の分泌は抑えられてしまい
口内の細菌が増えやすくなり舌苔も増えやすくなるということ。


「近頃口臭が気になる」という方
生活環境も見直してよく休養を取るようにすると改善されるかもしれませんよ。

「まとめ」

いかがでしょう。

舌苔は優しく取ることを意識してお手入れすることがポイントですね。

更に舌苔は口臭の原因にもなるため、しっかりと予防する必要があります。
食生活や普段の生活を見直して、健康な舌を目指していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事