ヒハツの副作用
仕事に追われていると、気づけば栄養バランスは偏って体の悩みも増えていくばかり。

「体のケアもしっかりしなきゃな」と思いつつもなかなか生活リズムは変えられませんよね。

ですが、今大注目されている「ヒハツ」なら
生活を大きく変えずに体質改善できるかもしれませんよ。

最近体調の変化を感じ始めている方は要チェックな情報です。

スポンサーリンク

ヒハツの効果・効能とは

ヒハツ」ってちょっと聞き慣れない名前ですよね。


ですがこの「ヒハツ」の健康への効果がとっても注目されていて人気が高まっているのです。

ヒハツとはコショウ科の植物で、香辛料として使用されている調味料のこと。


スーパーのスパイス売り場では「ロングペッパー」という名前で売られています。


かなり刺激的なスパイスで、料理好きな方ならご存知かもしれませんね。


ヒハツは注目されている理由はその効能にあり
食べると体をぽかぽかと温めてくれるという効果があるのです。


ショウガといった薬味と同様、ヒハツを食べると体の芯から温まることができます。

ヒハツが血行を良くしてくれるからで
冷え性の方にはぜひ試して頂きたいスパイスですね。


特に末端冷え性がひどい女性はヒハツの効果を実感できるはずです。


更には、ヒハツには全身の血流を改善してくれる効果があるので、
髪の毛に元気が無い方にもおすすめできます。


抜け毛が多くなったり髪が細くなった方の多くは頭皮の血行不良が起きている状態のため
ヒハツで頭皮の血流を促せば抜け毛も減るというわけです。


様々な効果・効能があるんですね。

スポンサーリンク

良い摂取の仕方

気になるヒハツの摂取方法は、一般的なスパイスと変わりません。

お料理の仕上げとしての利用方法が一般的です。


スーパーではコショウと同じようなビンに入って販売されているので
お料理にも使いやすいでしょう。


例えば、ステーキの仕上げにヒハツを一振りすれば刺激的な味になりますよ。

ヒハツと肉料理

お肉料理にぴったりなスパイスです。


ただし、注意点はヒハツをかける量。

ほんの一振りでもかなり刺激的な味に変わるので
ドバドバとヒハツをお肉に振りかけないよう気を付けて下さいね。

ヒハツに副作用?注意は?

さて、かなりパワフルで刺激的なスパイスであるヒハツ。
副作用や摂取する際の注意点はあるのでしょうか。


先ほども書いたように
ヒハツはお肉に一振りしただけでもピリリとした刺激的な味に変身します。

ですから、摂取する量には注意が必要ですね。


1日のヒハツの総摂取量は1~2グラムで充分なのです。


量さえ守れば、目立った副作用もありません。


ただし

なにか常飲している薬がある場合には飲み合わせが悪い場合があるので、
一度お医者さんに相談してみることをおすすめします。



特に血圧を調整してくれるようなお薬を飲んでいる方
ヒハツを摂取するのは良くないかもしれません。



飲み合わせに注意が必要な原因としては、ヒハツは血流をアップさせる力が強いから。
そのため元々血圧が高い方にとっては注意が必要なのです。


また、元々胃腸が弱いという方
急にヒハツを多く摂取するとお腹が痛くなってしまうことがあるかもしれません。

対処法としては、薬とヒハツの飲み合わせは事前に確認しておくこと
料理にかけるときは一振りだけにして一日に何度も摂取しないということですね。

まとめ

いかがでしょう。

ヒハツってロングペッパーという香辛料・スパイスのことだったんですね。

刺激的な味だけではなく、血行を良くしてくれる効果が高いヒハツ
冷え性の女性にはかなりおすすめなスパイスですね。


また抜け毛に悩む男性にもぜひ摂取していただきたいスパイスです。

ただし、お料理に使うときは量に注意が必要ですね。
一日一食、お肉料理の仕上げに一振りするだけで充分でしょう。


くれぐれも、血圧関係の薬を飲んでいる方
事前にヒハツとの飲み合わせをお医者さんに確認してくださいね。

適度な量で、おいしく体質改善をしていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事