口内炎の治し方

いつの間にか気づいたら口の中にできている口内炎。

放っておいたら自然と治るものの、突き刺すような痛み!
治るまでの間、イライラさせられる人も少なくないでしょう。

今回はそんな口内炎の即効性が高い治し方をご紹介します。

スポンサーリンク

口内炎ってどんな症状?

まず、口内炎はどんな症状なのでしょうか?

口内炎は口の中だけでなく、唇の端や舌、歯茎などにも生じます。

白くて丸いニキビのような吹き出物ができて、触ると鋭い痛みを発するのが特徴です。


白い見た目から、膜の中に膿が溜まっていると思われがちですが、これは粘膜の傷をふさぐために、傷口の血液が固って、タンパク質の層ができているためです。


つまり、口内炎は発症する前から、口の中に傷ができていて
この傷を治す過程で生じることが多い
というわけですね。

口内炎ができる原因は?

口内炎ができる原因は、ほとんどの場合、口の中に傷ができることですが
一部、ウイルスやカビによる口内炎も存在しています。

さっそく、口内炎の種類を見ていきましょう。


①アフタ性口内炎


もっとも一般的でよく見る口内炎です。


詳しい原因は明らかになっていませんが、ストレスや胃腸の不調によって、生じることが多いといわれています。


疲れがたまって抵抗力や免疫力が落ちていたり、ビタミンB2の不足も発症の引き金になります。

体力が戻れば、自然と治癒されていく症状です。


②カタル性口内炎


固い食べ物や歯の噛みあわせ、矯正器具、外的な衝撃などで、口の中にできた傷が原因で生じる口内炎です。


赤く腫れる特徴があり、痛みは軽いものの、噛みあわせや矯正器具が原因になっている場合、何度も同じ場所に口内炎ができてしまう可能性があります。


③カンジダ性口内炎


カンジダというカビ菌が、口内で繁殖することによって生じる口内炎です。

口の中の広範囲が、白い苔のようなもので覆われた状態になり、痛みをともなう症状があらわれます。


なお、カンジダというと性病を思い浮かべる人もいますが、実は健康な人の体内にもカンジダ菌は存在しています。


体力が衰えたり、抵抗力が落ちてしまうと、激しく増殖して口内炎ができてしまうのです。

高齢者の方だと、入れ歯がカンジダ菌の温床となってしまうことも多いようです。


④ウイルス性口内炎


ウイルスや細菌による口内炎です。

ヘルペスが有名で、口の中に水泡ができて破れると出血し、かさぶたになります。


かゆみをともなうことも多く、食事以外の日常生活でも違和感を感じる症状があらわれます。

原因がウイルスですから、放置していると、どんどん悪化してしまいます。

内科、皮膚科、泌尿器科といった病院で血液検査を行い
ウイルスを死滅させる薬を処方してもらう必要があります。


⑤アレルギー性口内炎


金属や食事によって引き起こされる口内炎です。

全身に症状があらわれることが多く、酷くなると腫れた皮膚が喉や気管をふさいで、呼吸障害を引き起こすこともあります。


症状があらわれた場合、早い段階で医師の診療を受けたほうがよいでしょう。

予防策としては、アレルギー物質を口の中に入れたり、食べないようにするのが、もっとも良い方法です。

続いては治し方を見ていきます。

スポンサーリンク

口内炎の治し方

kounaien2

ウイルスやカビが原因で生じた口内炎は、医師の診断や処方された薬で治療していくことになりますが、一般的な口内炎である、アフタ性口内炎やカタル性口内炎であれば、ご家庭で簡単に治癒スピードを早めることができます。


方法をいくつかご紹介していきますので、参考にしてみてください。


①軟膏や薬を塗る


口内炎の炎症や痛みを鎮める薬は、薬局でも市販されています。
軟膏の味が気になる人は、患部に貼り付けるパッチタイプがオススメです。


②うがいをする


口内炎は口の中の皮膚が炎症を起こしている状態です。
口の中を殺菌して清潔に保つことで、治癒力をアップさせることができます。

歯ブラシで磨くと、患部が破れて悪化してしまう可能性があるため、イソジンを使って、口の中全体を消毒するのがオススメです。


リステリンも殺菌効果を持つうがい薬ですが、患部にしみて強い痛みを感じることがあります。

腫れが悪化することはありませんが、使用する場合は覚悟を決めて挑んだほうが得策です。

薬いらずで即効性のある口内炎の治し方

塗り薬やうがい薬を使わなくても、即効で口内炎を治す方法もあります。


①塩を使う方法


塩には殺菌効果があるため、塩水でうがいをするのも効果的な治し方です。

スプーン1杯の塩を水に入れて、通常のうがいと同じように口を数回ゆすぐだけの簡単な方法です。


塩を直接、患部に塗りこむという方法もありますが、かなりの痛みをともなう上に、口内炎の状態によっては悪化することもあるようです。
うがいのみに留めておいたほうが無難でしょう。


②ハチミツを使う方法


うがいをしたあと、患部にハチミツを塗るという口内炎の治し方です。

サウジアラビアで行なわれた実験では、薬よりも即効性がある結果になりました。
薬で3~5日かかった鎮痛効果が、ハチミツでは1日で痛みが引いたそうです。

ただし、この方法も激しい痛みを感じることがあるので、覚悟しておきましょう。


③ビタミンB2、ビタミンCを摂取する


ビタミンB2とビタミンCは、皮膚を再生する力を持つ栄養素です。
食事に取り入れることで、口内炎を素早く完治させることができるでしょう。

ビタミンB2は、うなぎ・牛・豚・青魚に多く含まれています。
ビタミンCは、果物に多く含まれている栄養素です。

口内炎を予防するためには

口内炎を予防するためには、口の中を清潔に保っておくことが大切です。

食事の後には、しっかりとうがいをして
口の中に汚れが溜まらないよう、心がけておきましょう。

また、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足が口内炎の原因になることもあります。

バランスの取れた食生活が難しい場合は、サプリメントなどで栄養を補給していきましょう。

まとめ

放置しておいても治る口内炎ですが、早く治るにこしたことはありません。

口内炎ができやすい人は、薬局で販売されている薬を自宅に常備しておきましょう。
また、塩やはちみつを使った口内炎の治し方もあります。

塩水でのうがいは口内炎の予防にも繋がりますから、生活習慣として取り入れるのも良い方法です。

スポンサーリンク

関連記事