天皇陛下の生前退位のお気持ち表明が、連日ニュースなどで取り上げられています。

ご発言をされた天皇陛下のお気持ち表明の意味
ご心中は如何ばかりでしょうか?


ここでは、「生前退位を表明された天皇陛下のお気持ち」
「それを受けた国民や政府、海外の反応は?」など、身近な視点からご紹介します。

スポンサーリンク

生前退位のお気持ち表明がもたらす意味

これまでの報道から「天皇陛下のお気持ち」は、以下の事が考えられます。

まず一つ目は、「ご自身のご年齢、体調面の不安

恐らく、これが最大の理由ではないかと言われていますが、現在、天皇陛下は82歳です。


一般の82歳と言えば、仕事はとうの昔に引退し

孫などがいれば悠悠自適な生活を送っていますが、
天皇陛下に於いては、海外歴訪やご挨拶、執務などのご公務が重なっています。

天皇陛下が生前退位のご意向を示しましたが年号(元号)が変わる?


とあるマスコミの調査によると、一年間の休日がなんと合計77日しかなく、
それ以外はご公務に当たっておられるとの調査結果が出ました。


これは、週休二日制を取っている一般的な企業に勤めているサラリーマンよりも少なく
状況によっては、20日間連続でご公務に当たる時もあるとの事です。

82歳という年齢から考えても、これは稼働日数が多すぎます。


また、天皇陛下は以前から体調面に不安を持っておられます。
2003年に前立腺がん、2012年には狭心症が原因の、冠動脈バイパス手術をされています。

現在は、元気なお姿を拝見していますが、国民からするとお体が心配になってしまいます。


そういったご公務の量と
ご自身の体調面を考えた上で不安を感じられたのではないのでしょうか。


もう一つは、「皇太子殿下へのご配慮」です。

天皇誕生日が変わる謎について。祝日は増える?どうなる?詳しく解説


現在の天皇陛下が退位された後は、皇太子殿下が天皇陛下になられます。

そして、仮に生前退位が実現されるとしたら「数年以内」と言われていますので
そうなると、東京オリンピックと重なる可能性があります。


ご存知の通り
オリンピックは国家の威信を掛けたイベントとであると同時に、
「新しい日本の象徴」を世界中に披露する最高の場所と言えるからです。


また、皇太子妃雅子様の体調面も不安がある事を考えると

天皇陛下がお元気な間に生前退位をして
皇太子殿下を支えたいとの「親心」も感じられます。

様々な意味合いやご配慮があることが伺えます。

スポンサーリンク

政界、海外の反応は?

天皇 お気持ち表明

天皇 生前退位 お気持ち表明 海外の反応

また、今回の発表を受けた各方面の反応も様々です。

まず政府ですが、安倍総理大臣は記者会見で
「陛下のお気持ちをしっかり受け止めて慎重に議論していく」としている一方

ある政府関係者は、「生前退位は憲法上の観点から不可能」
「ご公務の負担軽減を軸に調整する」とも話しています。


政府関係者の発言の根拠としては、
「天皇の国政への関与を禁じた」憲法第四条に触れる可能性がある事があります。


分かりやすく言うと、現在の憲法下では、
「天皇側から国会へ生前退位を要請する事は不可能」という事です。

しかし、一部では「国会側で皇室典範を自発的に改正すれば問題ない」との意見もあります。

これを見ると、皇室側と政府側の思惑が一致していない事が伺えます。

そもそも天皇と憲法の関係とは?


一方、国民の反応ですが、
こちらは一応に「ご高齢やご公務の内容から考えても生前退位には賛成」

「もうゆっくり休まれて、これからは皇太子殿下にお任せされて下さい」など
天皇陛下を思いやる意見が大半です。


また、一部には「天皇陛下には崩御なさるまでご公務を続ける義務がある」
との強気な意見がありますが、

この意見を発しているのは、主に左翼や韓国や中国など
過去の植民地支配から、天皇陛下の事をあまりよく思っていない国から出てきました。


海外の反応を取り上げますと

日本と友好国のアメリカは
「一般的な王とは比較にならない素晴らしい天皇。ゆっくり休んで欲しい」
「被災地訪問など見てお優しい方だと分かった。日本政府は生前退位を認めてあげて欲しい」など

天皇陛下を思いやる好意的な意見が多く、生前退位には比較的柔軟な意見が見られました。


一方、アジア(特に中国・韓国)では、
やはり第二次世界大戦での日本から受けた攻撃を戦後71年経ったにも関わらず引きずっている気持ちの小さな国民性からか

「当然だ」「謝罪しろ」

「生前退位をするのは勝手だが、その前に韓国へ来て土下座しろ」など
天皇陛下を貶めるような意見が目立ちます。

中には、「安倍政権がそうさせた」など、理解不能な意見もありました。


どうして、今回の表明と安倍政権が関係してくるのかが、
正常な日本人には到底理解出来ません。

この意見に賛同や理解を示す人は反日と捉えられても仕方が有りません。


いずれにしても
日本国民としては「天皇陛下のご意向を最大限に配慮」した政府の対応と
天皇陛下がゆっくり休まれる事を切に願っています。

スポンサーリンク

関連記事