妊娠・ninpu

妊娠は女性にとって喜ばしいことです。

ですが、食事や飲み水、生活習慣など
気を付けなくてはならないことも多く神経質になりがちですよね。

実は最近、妊婦がマグロを食べることで胎児にも大きく影響が出るという研究結果が出ました。
マグロといえば身近で女性に好まれやすいお魚です。

一体胎児とマグロの成分にどんな関係性があるのでしょうか。
ぜひ安全安心な食事で胎児を元気に育てていきましょう。

スポンサーリンク

マグロに含まれるメチル水銀、過食は胎児の知能発達の遅れに!?

マグロにはメチル水銀が含まれています。

このメチル水銀が胎児に影響して将来的に運動能力や知能の発達を妨げるというのです。


そもそもメチル水銀とは、土や石炭などに含まれた成分が微生物の働きによって変化を起こして生まれる成分のことで、海などに流れ込んでしまうことがよくあります。


海水に含まれたメチル水銀を魚が吸収し、
その魚を食べることで私達も摂取してしまっています。

少量であればメチル水銀を摂取しても体に影響は出ません。

ですが、一定の摂取量を超えると水俣病のような症状を引き起こす原因にもなるのです。


もちろんスーパーや飲食店に出回っている魚はしっかりと検査を受けており、メチル水銀が含まれていても体に影響が出ない程度の量しかありません。


ところが、最近の研究結果ではマグロに含まれたメチル水銀は濃度が高く、妊婦が食べると胎児にも影響が出やすいということが分かってきたのです。


マグロといえば、魚の中でも食物連鎖の頂点にいる存在。

ですから、メチル水銀を含んだ魚を多く食べるマグロは小さな魚よりもメチル水銀の濃度が高くなりやすいということなんですね。


つまり、妊婦がメチル水銀の濃度が高くなりやすい魚を食べると胎児の成長に影響が出てしまい、後々運動能力や知能の発達が遅れてしまうことがあるのではないかということなのです。

スポンサーリンク

妊婦はマグロを食べちゃダメ?

マグロ

マグロに含まれるメチル水銀のことをまったく知らずに食べてしまっていた妊婦の方も多いでしょう。


マグロを妊娠中によく食べていた場合、かなり不安になってしまいますよね。
また、マグロが大好きだという妊婦さんは今後一切マグロを食べてはいけないのでしょうか。


まず、マグロを日常的に食べている妊婦さんは
徐々にマグロの摂取量を減らしていくことをおすすめします。


マグロの摂取量が減れば体内のメチル水銀の濃度も低くなるため
胎児への影響も出にくくなるのです。


そして、安心していただきたいのはマグロの過食、食べ過ぎが胎児への影響を起こしやすいだけで、ある程度ならマグロを食べても大丈夫だということ。


例えば、週に一回マグロのお刺身を一人前食べる程度なら胎児への影響をそこまで心配する必要はないようです。


毎日マグロのお刺身を食べているような食生活をしている場合は要注意ということですね。

妊娠初期は母子ともに体調が不安定な時期です。

そんな妊娠初期はちょっとマグロを控えたほうがいいかもしれないですね。
また、食あたりを起こしやすい生物も妊娠初期は食べない方がいいでしょう。


妊娠前とはがらりと体調、体質が変わってしまいますから、できるだけ食べ物には火を通して安全に食べられるよう手を加えることをおすすめします。

まとめ

いかがでしょう。
妊婦がマグロを食べ過ぎると胎児へも影響が出る原因はメチル水銀だったのですね。

ただし、マグロの過食が胎児の発達に影響するということはまだまだ研究段階である部分も多く、食べる頻度を減らせば影響も出にくくなります。

あまり神経質になり過ぎず、バランスの良い食生活を心がけていきたいですね。

スポンサーリンク

関連記事