プレシジョン・メディシン

医療技術は日々目まぐるしく進歩していきます。

中でも遺伝子レベルで体を分析して
将来かかりやすい病気も判明するという「遺伝子検査」は話題ですよね。

実はがん治療にも遺伝子レベルで患者の容体を分析する「プレシジョン・メディシン」が広がりつつあるってご存知でしょうか。

アメリカで普及しつつあるプレシジョン・メディシン
日本でも確実な広がりを見せています。

スポンサーリンク

プレシジョン・メディシンって?気になる費用はどれくらい?



そもそもプレシジョン・メディシンとは・・


精密に患者の体を分析することに特化した、今までの医療とはまったく違う治療方針のこと。


今までの医療では「この薬で効果が出なかったら次を考えましょう」というように
薬の効果、容体の変化を様子を見つつ治療を進めていました。


そのせいで、あまり効果が無い薬の副作用に苦しめられていた患者さんも多かったですよね。

ですがプレシジョン・メディシンは事前に遺伝子レベルで患者さんの体や容体を検査し、より効果の高く出る薬をチョイスし治療を進めていくのです。


もちろん、100%の効果を保証するものではありませんが、患者への副作用の負担をかなり減らすことができ、効率的に治療が進められる画期的な治療方法がプレシジョン・メディシンだと言えます。

特にがん治療への活用が注目されており、
実際に今までの治療では見られなかったような容体の改善も報告されています。


アメリカでは広く知られている治療なのですが、日本ではがん治療にプレシジョン・メディシンを行っている医療機関はまだまだ少ないのが現状です。


今までの治療とは異なるため保険適用外となり
費用もプレシジョン・メディシンを受けると100万円程度必要になることも珍しくありません。


プレシジョン・メディシンを受けたいけど医療機関が少ない
費用面で厳しいという方は多いでしょう。


まずはプレシジョン・メディシンの知識を広めることと
費用の負担を下げることが課題だと言われています。


続いて日本で受けれるところはどこでしょうか?

スポンサーリンク

プレシジョン・メディシンを受けられる病院はどこ?施設・病院一覧

ws0000000

少しづつではありますがプレシジョン・メディシンを取り入れる医療機関は増えています。
多くの病院、製薬会社によるスクラムジャパンというプロジェクトも発足。

2013年から国立がん研究センター東病院をはじめ、約200の病院と約10社の製薬会社によって、「SCRUM-Japan」というプレシジョン・メディシンのプロジェクトがスタートしました。

進行した肺がん、大腸がんを中心に、がん細胞がもつ遺伝子変異を分析し、効果が期待できる薬を投与します。

プロジェクトには患者約3000人が参加。
そのうち3分の1の患者に薬が効く可能性がある遺伝子変異が見つかりました。

そして、実際に100人ほどが臨床試験に入っているといいます。
引用:NHK

東京では約25もの医療機関がプレシジョン・メディシンでのがん治療を開始。

SCRUM-Japan 参加施設・病院一覧



東京では「国立がん研究センター中央病院」を筆頭に
国立国際医療研究センター病院」や「日本赤十字医療センター」「順天堂大学医学部付属順天堂医院」といった名だたる病院がプレシジョン・メディシンでのがん治療を受け付けているのです。


ただし、がんを発症している器官によっては、まだプレシジョン・メディシンでの治療ができない場合もあるので事前によく調べておく必要があります。


例えば、肺扁上皮がんのプレシジョン・メディシンはまだ治療を受け付けていない病院もあるのです。

プレシジョン・メディシンが広がり少しでも体の負担を軽減されれば、
がん治療のイメージも変わっていくでしょう。

ぜひ日本でもより多くの医療機関で受けられるようになり、費用の負担も少なくなるといいですね。

まとめ

いかがでしょうか。

プレシジョン・メディシンとは遺伝子検査など活用した精密な検査を行う治療方法で、がん治療への活用が広がっているんですね。


費用は保険適用外のためどうしても高くなりますが、
東京では20を超える医療機関でプレシジョン・メディシンを受けることが可能。


これから一層、認知とともに受けられる機関の拡充と費用の低減を期待しましょう。

スポンサーリンク

関連記事