天皇誕生日 生前退位 変わる どうなる

天皇陛下が変わると祝日である「天皇誕生日」はどうなるのか
そもそも、この天皇誕生日ですが、どんな日なのかご存知でしょうか?


この日12月23日は祝日で、尚且つクリスマス前なので、
クリスマスプレゼントを買いに出掛けたりする人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「天皇誕生日にまつわるトリビア」
「一般的な家庭と同じ様に誕生日ケーキ食べるの?」などをご紹介します。

知られていない意外な事実が明らかになるかもしれませんよ~

天皇誕生日はどんな日?今後変わる?

天皇誕生日とは、その名の通り「天皇の誕生日を祝う日」
とされていて、祝日を制定する法律(祝日法)でも定められています。


よって、現在の天皇陛下が崩御された後は、
次に即位される皇太子殿下の誕生日が、自動的に天皇誕生日と制定されます。


皇太子殿下の誕生日は2月23日なので
新しい天皇誕生日は2月23日となります。

では、現在の天皇誕生日である12月23日は今後どうなるのでしょうか?

天皇陛下が生前退位のご意向を示しましたが年号(元号)が変わる?

カレンダーを見ると、
祝日の中にはこれまでの天皇誕生日から変わった祝日がいくつかあります。


例えば、昭和天皇の誕生日だった4月29日は「昭和の日」ですが

実は昭和の日と名称が付く前は「みどりの日」と呼んでいました。


みどりの日から昭和の日と名称が変わった事にも理由がありまして
4月29日がゴールデンウィークに続く祝日である事が大きく関連しています。

昭和天皇が崩御される前は、この日は祝日でしたが
崩御された後は、祝日として続く事はありませんでした。


しかし、上記でご紹介した様に4月29日はゴールデンウイークに掛かる事から
平日に戻す事で国民生活に影響が出るとの懸念があり、この日を「昭和の日」とし

代わりに
元々「国民の休日」として制定された5月4日を「みどりの日」と名称を変更しました。

スポンサーリンク

皇室ではケーキを食べたり行事はある?

よく「皇室御用達のケーキ」としてテレビやインターネットに紹介される事がありますが

では、誕生日を迎えられた時には、
一般家庭の様な誕生日パーティー、イベントなどは開かれるのでしょうか?


以前、皇室で料理長をされておられた方のインタビューによると、
毎年天皇誕生日には、「朝から夜まで祝賀行事が続き、その時々で豪華な料理を出す」と話していました。


祝賀行事の一例を見ると、皇族方からお祝いのお言葉を受けられる「祝賀の儀」

総理大臣などの三権(国会・内閣・最高裁)の長や、
財界の代表などから昼食を囲まれる「宴会の儀」


日本に駐在する各国大使と歓談される「茶会の儀」など、様々な行事が行われます。


その中で、誕生日をお祝いするケーキが出る事もあるとも話していました。

この天皇誕生日は、一日を通して華やかな行事が目白押しになっているようです。

スポンサーリンク

世界・海外でも王室誕生日がある?

日本でも天皇誕生日がある様に
海外各国でも国王や君主の誕生日があり、それぞれが祝日となっています。

例えば、日本と同じアジアのタイでは、12月5日が「プミポン国王の誕生日」で祝日となっています。


同じくアジアのインドでは、インド独立の父と呼ばれて
現在も支持を集めている「マハトマ・ガンジー誕生日」として10月2日が祝日として制定されています。


また、アメリカは「大統領の誕生日」として、2月の第3月曜日を祝日にしています。
ちなみにこの決め方は、初代大統領ワシントンと第16代大統領リンカーンの誕生日が近い事から
二つを統一して、この様な決め方となりました。


変わった所では、イギリスが4月21日を「女王誕生日」としていますが、この日は祝日ではありません。

また、ブータン2月21日~23日が

カンボジアが5月13日~15日を国王誕生日」と、3日間を祝日期間としています。

世界を見ても、色々な誕生日があり興味深いですね。

スポンサーリンク

関連記事