日本の伝統的なイベント行事である七五三。

秋になると日本全国の神社や仏閣で
可愛らしい七五三詣の子供達を見かけるようになると思います。

七五三はいつ行えば良いか?

また、何故この年齢の子供達がお参りをするのか知らない方もいると思います。

七五三詣でをする時期、その意味や由来も合せてご紹介します。

七五三はいつ?必ずやらなければいけない?

七五三 いつ カワイイ

七五三は義務ではないので、やらなくても問題はありません。

しかしながら
七五三は子供の厄年とも言われている大事な年齢の時期でもあります。

通常、七五三は数え年で祝うため、実年齢よりも一歳幼いです。

三歳なら二歳の子供

五歳なら四歳の子供

七歳ならば六歳の子供達です。


男の子は三歳と五歳

女の子は三歳と七歳でお祝いをします。

この年齢の男の子は、女の子と違って動きが半端ではありません。

どんなに目をかけていても、怪我や事故など防ぎようのない事が起こる年齢でもあり
「無事に子供が成長してくれる事」を祈って七五三参りをすると良いのではないでしょうか。

そして、元気に育っている成長ぶりを氏神様に報告すると良いでしょう。


日取りは、昔は由来にちなんで11月15日とされてきましたが
特にこだわる必要はありません。

最も多いのは11月ですが、春夏秋冬やりやすい時期や都合の良い時期で構いません。

神社仏閣が七五三詣でで賑わうのは、毎年11月15日前後の大安の日曜日です。


この日はとにかく混み合います。

神社仏閣によっては縁日や屋台の出る所もあるので、夏祭り感覚で楽しめます。

しかし人混みが苦手な方や
参拝に時間をかけたくない方は日にちをずらした方が良いかも知れません。

スポンサーリンク

2016年の七五三 男の子と女の子

地方や地域、婚家、様々ですが、
数え年でするところと満年齢でするところがあります。

どちらでも良いとされています。


数え年というのは、産まれた時点で一歳と考えます。

満一歳の誕生日の時には二歳という数え方です。

そして実年齢でする場合
三歳・五歳・七歳のお誕生日を迎えてからということになります。

ですので、

【2016年の七五三の子供達】

2013年生まれ(数え年は2014年)の男の子女の子

2011年生まれ(数え年は2012年)の男児

2009年生まれ(数え年は2010年)の女児 が対象になります。



七五三のお祝いでは子供の祖父母を招待する場合もあると思います。

よく見かける光景は、着ているものに対してや子供のことに関する嫁姑バトル。

大抵ママは着物を着ている場合が多いです。

なので思うように動けず、お世話が出来ないママの代わりに
姑さんが孫の世話をする羽目になり怒りが湧くというパターン。


祖父母が一緒に居る場合には、パパはあまり子供に関与しない事が多いですね。

三歳児の子は、抱っこ~と大騒ぎする子供が多いです。

パパが、抱っこしようとすると
激しく暴れてママじゃなきゃダメ!というの場合が多いので

着物を着たままで抱っこが出来るようにしておくと、いざという時に便利だと思います。


パパが無理でお祖母ちゃんが抱っこすると、

子供は必ず「ママ、ママ」と騒ぐので姑さんが嫉妬してイライラしてしまい
バトルになる光景って本当に多いので気を付けてくださいね!

スポンサーリンク

着物は着ないといけないの?

七五三のお祝いをするからと言って
必ずしも女の子は着物を着なくてはいけないとか

男の子は羽織袴を着なくてはいけないという決まりはありません。

和装の子もいれば洋装の子もいるし、平服の子もいます。

また地域にもよりますが、
派手にやる地方もあれば、それほど盛大にしない地域など様々です。


平服では、お詣りをする時に神主さんや、お坊さんが嫌がるのではないか?
と気にする親御さんもいますが、全く心配はいりません。

地元の神主さんが居ない様な小さな神社へ
お賽銭を入れてお詣りをするだけでも良いんですよ。


筆者が若かりし頃に神社で巫女をしていた時には、
様々な事情で平服でお参りに来る子もいました。

七五三のお祝いに娘にピアノを買ったので着物は着ないとか、
息子の好きな野球を見に海外へ行ったので羽織袴はなしなど

着物代の予算は他に使うという方もいました。

七五三と着物 3歳から7歳の男の子と女の子のレトロな着付け

しかし、七五三と一緒にやっておいたほうが良い事や注意点などはあります。

七五三と一緒にやるべきこと及び注意点

七五三

<写真撮影>

七五三詣は特別なので
事前に写真館など予約を入れておきましょう。

大きな神社などでは社務所内に写真室を構えているところもあります。
事前に調べておけば当日はスム-ズに動けます。


小さな子供は、待ち時間で既に疲れ切ってしまいます。

撮影の時に良いお顔が出来ずに、
無表情や複雑なお顔をして写るということが多くあります。

あとから見れば笑い話に出来るのですが
当日は写真屋も両親も殺気立っています(笑)


その険悪な雰囲気からぐずりだす子供も意外に多くいますので
予約が出来るのであれば写真屋の予約は必ず入れましょう。

子供のためにも、参拝場所から近い方が絶対におすすめですよ!


<食事会>

参拝後に家族や子供の祖父母も招いて食事をする場合には
必ず人数分の席を予約しておきましょう。

その際に「七五三のお祝いで」と伝えた方が
子供への対策などもしてくれるお店があるので、おすすめです。



また、子供がうろつくと危ない場所などから遠い席を用意してくれますよ。

七五三のお祝いで食事会。両親とお祝い、お返しマナーの注意点とは?

地元の小さな神社へ行こうと考えている方は
七五三詣での日程が決められていることがあるので事前の確認が必要です。

七五三期間中だけ社務所に神主さんが来て御祈祷をしてくれるところもあります。


普段はあまり参拝客が来ない神社の方が
時間を掛けて御祈祷をしてくれたりサ-ビスが良かったりします。

七五三詣でに行くと、千歳飴をくれるところと
自分で買わなくてはならないところがありますので

神社などに電話をして確認しておくと良いですよ。


自分で千歳飴を購入する場合には、
御祈祷の前に買っておくと飴も一緒にお祓いして頂けて御利益があるので

子供のお守りとして役に立つのでおすすめです。

ところで・・
七五三っていつから、どのように始まったのか由来を知っていますか?

七五三の時期と由来について

七五三は室町時代から始まり
江戸時代の頃に日本全国へ広まった
と言われています。

いくつかの説はありますが、

一つは将軍徳川家の綱吉(幼名を徳松という)が
四歳の慶安三年、十一月十五日に数え五歳で袴着の儀を盛大にお祝いしたとされる説です。

この時は将軍家だから盛大と言うのではなく

綱吉の兄と弟が数年前に病気で亡くなってしまったために
数え五歳の綱吉の長命と健康を願ってのものだったと言われています。


ふたつ目には、この綱吉が五代将軍となり、

結婚して子供をもうけ長男の徳松が誕生し天和元年の十一月十五日に赤坂日枝神社に
当時数えで三歳の髪置きの儀を祝いにお参りしたとされる説があります。

更には冬至の日前後の収穫祭とも言われています。

七五三の意味について

七五三って、この年齢にお祝いするのはわかったけれど、
その意味が分からないという人も意外に多いのではないでしょうか?

一括して言うと
子供が健康で長生きしてくれること」を地元の氏神様にお願いするというものです。

また、江戸時代頃には医療設備なども整っておらず
病気になると治すすべもなく、幼くして亡くなる子どもが大勢いました。


七五三の年齢は、一種の通過点の様になっており
「三・五・七歳まで生きる事が出来ました」と氏神様へ報告する役目
でもありました。

現代では、昔の様に幼くして亡くなることは非常に少なくなりましたが、
その代わりに「子供の事故」が増加しています。

特に動きが活発となるこの年齢を
無事に生きられているということの感謝をするものでもあります。


いかがでしたか?

我が子の健康と無事の成長を願って
神社仏閣へお詣りしようと思われる方も多いと思います。

七五三詣での記憶は、男女ともに意外に覚えているものですので
楽しい七五三が出来ると良いですね!

スポンサーリンク

関連記事