鼻くそを食べる子供の心理

鼻くそを食べる癖のある人は意外といます。

少し前に、ワールドカップのチームの有名監督が
試合中に鼻くそを食べている姿が世界的に流されたこともありました。

では、子供だけでなく大人でもやめられないこの癖をどうしたら直せるのでしょうか。

まずはどうしてこの癖が出てしまうのか?
鼻くそを食べる人の心理状態や理由について考えてみましょう。

スポンサーリンク

子供が鼻くそを食べる心理・理由はおいしいから?

まずは子供が鼻くそを食べる心理や理由について考えてみたいと思います。


子供が鼻くそを食べてしまうのは、おいしいからです。


鼻くそには塩分が含まれていますので、
しょっぱい食べ物としてついつい子供は食べてしまうのです。


親からしつけられないと、その鼻くそを食べる行動がだんだんと習慣化し癖となっていきます。
そして、意識していなくてもいつの間にか鼻くそを食べるようになってしまうのです。


この鼻くそを食べる行為は、最初のうちは人前ではしないものですが
一人でリラックスしているときにするようになっていきます。

癖になってしまうと人前でもリラックスしたときに鼻くそを食べる癖が出てしまうのです。

大人でもやめられない理由

大人になってもなかなか鼻くそを食べる癖はやめられないという人がいます。
しかし、この癖は悪いことばかりではないようです。


鼻くそは実はホコリや細菌の死骸などの塊ですが、これを食べることによって自分の体の免疫力を高め、悪性の細菌に対する抗体を作り出すことが出来ると言われています。


さらに、一説には腸内環境を整える働きもするとも言われています。

鼻くそを食べることによって腸の善玉菌が増えると期待されているのです。

このように良い理由があるので、大人になっても本能的に食べてしまうと考えられています。


別の要因としては、親からのしつけがきちんとしていなかったので、
鼻くそを食べる習慣が抜け切れていないということです。


そのために心理的に不安になるとリラックスしたいという願望が強くなり
鼻くそを食べてしまいます。

自制心が無いために食べ始めてしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

子供の鼻くそを食べる癖は直せるのか?

では、この鼻くそを食べてしまう癖を直すことは出来るのでしょうか。

まずは子供がこの癖を直すためにはどうしたら良いのかを考えましょう。


幼稚園児や小学生の頃であるなら、比較的簡単にこの癖を直すことができます。

子供というのは何でも口に入れたがるものです。
鼻くそを食べ始めるようになったら、しつけを始めましょう。


鼻くそは汚いものであることを教えたり、鼻くそを人前でほじるのは恥ずかしいことで、まわりの人を不快にさせることを教えたりしましょう。


また、鼻くそをほじった後の手は汚いので、病気になるきっかけになってしまうことも伝えることが出来るでしょう。

鼻くそを食べる癖をやめたい大人がすべきこと

大人の場合は完全に無意識の癖として定着していますのでやっかいです。


自然とリラックスしているときに鼻くそをほじって食べてしまったり、過度に不安になったときに、リラックスしたいという願望ゆえに鼻くそを食べてしまったりします。


人によって色々な癖があり、髪をいじったり、鼻をいじったりする癖がある人がいますが、それと同じように鼻くそをついほじってしまうのです。


それ故に、その無意識の癖を直したいなら心療内科などで治療することも一つの方法です。

カウンセリングをしてもらって、プロの提案を受けるのが効果的でしょう。

何かしらのストレスの原因を教えてくれることでしょう。


もしくは、バイターストップというものを利用して
強制的に鼻くそを食べられなくする方法もあります。

これは一人でいるときにしか使うことが出来ませんが
一人でいるときに癖を直せたなら、人前でもしなくなるでしょう。

やめられない人が知っておきたいこと

鼻くそを食べる人

鼻くそを食べる癖をなかなか直せないなら
鼻くそがいかに汚いものかを理解しておくことは役に立ちます。


もちろん免疫強化などのメリットがあるとは言われていますが、鼻くそとは、いわば排泄物であり、前の項でも述べたように、ホコリや細菌の死骸が含まれており、それに加えて、ダニや砂埃、さらには鼻水の塊なども入っているのです。


鼻の中には鼻毛があり、鼻毛が空気中の汚れをフィルターのようにこし取っています。

そしてその汚れが固まって鼻くそになっているのです。


このフィルターに溜まったゴミをわざわざ食べていることをきちんと理解しておきましょう。

どうしてもやめたいときには
もう根本的に鼻を人前では触らないというルールを決めることも出来るでしょう。

癖を直すために鼻を触るという動作そのものを禁止してしまうのです。

このルールを1週間だけやってみるだけでも効果を実感することが出来ると思います。


<おわりに>


まわりの人を不快にさせるだけではなく
自分も恥ずかしい思いをする鼻くそを食べる癖ですが、直せないものではありません。

ぜひ、この悪癖を克服していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事