耳たぶのしこりが痛い

耳たぶに「しこり」ができて痛い。

深刻なことではなさそうだけど・・早く治したい。
耳たぶのコリコリとしたしこりの原因は一体何なのでしょうか。

その対処法や治療方法にはどんなものがあるのか調べてみましょう。

スポンサーリンク

耳たぶの「しこり」が痛い。その原因は?

まずは耳たぶのしこりが痛いと感じる原因について考えてみたいと思います。

一番よくあるケースは粉瘤(ふんりゅう)と呼ばれる良性腫瘍です。


これは皮膚の不要となった角質や、その他の細菌の死骸などの老廃物が垢の塊となってしまう腫瘍のことです。

これらは普通垢として皮膚から剥がれ落ちるのですが
時々皮膚の毛穴の中に溜まってしまい、袋状になってしまうことがあります。
そうするとその袋の中にさらに垢が溜まり、大きくなりしこりになることがあるのです。


別の原因としては、ピアスなどが原因でなる肉芽という症状です。

人間の体には異物が体の中に入ると、それを外に排除しようとする機能があります。


特に金属で作られているピアスは、体が異物と考えてその部分を炎症させ、ピアスを体の外に出そうとします。
このときにピアスを隔離しようとして、肉が盛り上がり、しこりのようになるのです。


さらに悪性腫瘍であることや痛風が原因で痛がゆくなることなどもあります。

耳たぶのしこりをつぶすのは良くない?

耳たぶ しこり ピアス

耳たぶにしこりが出来たときには自分でつぶしてしまっても良いのでしょうか。

しこりが出来ると痛いですし、見た目も良くないので
手っ取り早く自分でなんとかしたいと思うかも知れません。


しかし、自分で勝手につぶしてしまうのはやめるようにしましょう。

もし無理につぶしてしまうと、そこにバイ菌が入り
炎症がひどくなってしまうことがあります。


最悪の場合には化膿して、しこりの範囲が大きくなってしまうこともあるでしょう。

また無理につぶすと、そのしこりの中から膿や溜まっていた老廃物が汁状になって出てくることがあります。


そうするとかなり臭いですし、根治する可能性は限りなくゼロになってしまいます。

なぜかというと、粉瘤の場合は袋ごと取り除かない限り再発するからです。


自分でつぶして中の膿を出したとしても、袋が残ったままなら、そこにまた垢が溜まります。
時間が経つと再び大きくなって痛くなってしまうのです。


ひどい場合にはその袋が大きくなったり、黒い穴が出来たりします。
細菌にも感染しやすくなるので傷が悪化する可能性が高くなってしまうのです。

スポンサーリンク

痛くない対処法はあるの?

耳たぶのしこりが出来てしまったらどうすればいい?
痛くない対処法はどんなものがあるのでしょうか。


例えば粉瘤であれば、薬局で塗り薬を買って塗る方法があります。
また、炎症を抑える飲み薬なども売っているのでそれで対処する方法があります。


塗り薬も飲み薬も痛みが無いので比較的やりやすい処方でしょう。

ただ、この方法は粉瘤がとても小さいときには有効ですが
大きいときにはあまり効果がありません。



一時は良くなったように感じるかも知れませんが、ストレスが溜まったり疲労が溜まったりして体力や免疫力が落ちたときに、また痛くなったりするのです。


再発率がかなり高くなります。
粉瘤の袋ごと取り除かなければ根治はしないことを覚えておきましょう。


肉芽が原因の時は、ピアスを換えてみることも出来るでしょう。


金属アレルギーの場合に、ピアスをすることにより「しこり」が出来やすくなるので、アレルギー反応が出ない樹脂製のものや金製品のものにすると良いかもしれません。


ピアスホールの開け方が良くないために炎症が起きる場合もあるので、いったんその穴をふさいで、もう一度専門医に穴を空けてもらうのも一つの方法です。

耳たぶのしこりをしっかり治す「おすすめ治療法」

耳たぶ しこり

しっかりと耳たぶのしこりを治療したいときにはどんな方法が良いのでしょうか。


もし、炎症を起こしていないなら手術が有効です。

先ほども説明したように、粉瘤の場合は袋ごと腫瘍を取り除かない限り根治しないからです。


粉瘤の穴を中心に皮膚を少しだけ切開して、袋ごと一気に取り除くのです。

また、別の手術の方法は、粉瘤に少しだけ切り込みを入れて、そこから中の老廃物や垢を吸い出し、最後に袋だけ取り除く方法もあります。


どちらの手術の方法をするかは粉瘤の状態によって変わってきますので
きちんとお医者さんの説明を聞きましょう。


もし、炎症を起こしているのであれば、まずは炎症を抑える治療が必要です。

抗生物質を飲んで、炎症がひくのを待ったり
先に膿だけを出して炎症の元を無くしたりする方法があります。

その後に、粉瘤の袋自体を取り除く手術をします。


<おわりに>

耳たぶに出来たしこりというのは違和感があり、早くなんとかしたいものです。

初期の段階であれば、自分でなんとかすることも出来ますが
症状が進んでいるときには専門医に診てもらいましょう。

比較的早く処置することが出来るのが耳たぶのしこりなので
お医者さんの力を借りて早めに治すようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事