熊谷さくらマラソン大会

マラソンが趣味だという人は数年前に比べると格段に増えている気がします。
皇居の周りはランナーでいっぱい。

ですが、いつも一人でランニング、ちょっと飽きてしまいますよね?


たまにはいつもと違った風景を眺めながら走ってみたくなります。
そんなときはマラソン大会に参加してみてはいかがでしょう。

熊谷では、今年も市民ランナーのための楽しいマラソン大会が開催されます。

スポンサーリンク

熊谷さくらマラソン2017年の日程は?桜いっぱいのコースを走ろう

熊谷さくらマラソンの見どころは何と言っても桜。


熊谷の桜 名所



桜の名所でもある熊谷桜堤を走ることができるのです。


<日程>

2017年は3月19日(日)となっています。


満開までとはいかないかもしれませんが
ほんのりピンクに染まる熊谷桜堤が楽しめるかもしれませんね。


<会場>

熊谷さくら運動公園陸上競技場


<コース>

・ハーフマラソン
・10キロ
・5キロ
・2.5キロ
・1.5キロ

多彩です。


小学生から大人まで老若男女が参加できるようにコースが設けられています。

また、自分の正確なタイム計測ってしたことありますか?

熊谷さくらマラソンではランナーズチップを使用した正確なタイム測定も行われます。


後日自宅に記録が送付されるので、この機会に一度チャレンジしてみるのもいいですね。


熊谷さくらマラソン ゲスト


そして、今年はオリンピックにも出場経験のある川上優子さんもマラソンに参加されます。
ゲストランナーと走れるってなかなか無い機会ですよね。


他にもマラソン当日のお楽しみは満載で、表彰や参加賞の贈呈も行われます。
更に、豚汁などが無料で振舞われるのもうれしいですね。

もちろん、同伴・応援に来た家族も豚汁などがいただけます。

お祭りに行くようなつもりで気軽に応援に行っても楽しそう。


親子で遠足気分で参加するもよし、ハーフマラソンに挑戦するもよし
様々な楽しみ方ができそうです。


ただし、ハーフマラソンは2時間半
10キロのコースは1時間20分で競技終了となってしまうので注意。

自己タイムをしっかりと測ってから臨みましょう。

スポンサーリンク

熊谷さくらマラソンのエントリー!駐車場と交通規制は要チェック

<熊谷さくらマラソンのエントリー>


・インターネットRUNNETエントリー

2016年12月1日(木)午前9時~2017年1月13日(金)


・専用振替用紙でのエントリー

締め切り2016年12月21日(月)消印有効


公式ページエントリー⇒http://www.kumagaya-marathon.jp/entry/


参加者の定員があるため、早めのエントリーがおすすめですよ。
「ランニング初心者だからちょっと不安」という方はランニングクリニックにも申し込むといいでしょう。


5キロ・10キロのコースに参加する方を対象にランニング講座が開催されます。


2017年1月29日(日)2月19日(日)
時間:9:30~11:30
熊谷スポーツ文化公園競技場で開催予定。


本番当日だけではなくランニングクリニックの日も予定を空けておきましょう。


また、当日の交通規制や駐車場もよく確認しておきましょう。


熊谷さくらマラソンのコース

熊谷さくらマラソンの駐車場
出典:公式

駐車場を用意していないマラソン大会も多いのですが
熊谷さくらマラソンでは会場に無料の駐車場が完備されています。


約2,000台駐車できる規模の駐車場が無料で利用できるってかなり珍しいですよね。

しかし、9時から11時ごろまでは会場周辺、籠原駅付近は交通規制となるので道路が込み合う可能性も高いです。


駐車場も毎年込み合うのでやっぱり公共の交通機関を利用した方がいいかも。

なんと、当日の秩父鉄道の一部、籠原駅から会場までのバスが無料で乗車できちゃうというのです。


事前に送付されるナンバーカードを提示すれば
秩父鉄道の熊谷駅からひろせ野鳥の森駅間が無料
籠原駅から会場までのバスが無料になります。



これは車で行くよりもお得でスムーズかもしれません。

ちなみに、熊谷駅は上野から1時間10分、新宿からも1時間10分とアクセス抜群。
新潟や長野からも新幹線で1時間半で行けるため毎年全国から参加者が集まります。


行きやすい立地ということも人気のポイントなのでしょう。

事前の周辺の観光スポットもチェックしつつ
体調管理も万全にして熊谷さくらマラソンの当日を迎えましょう。

スポンサーリンク

関連記事