子供はよく鼻血を出すものですが、親としては心配になるときがあります。

特に頻繁に子供が鼻血を出していると
何か病気になっているんじゃないかと不安になるかも知れません。

子供の鼻血の原因や、鼻血に隠されている重大な病気の可能性などを考えてみましょう。

スポンサーリンク

子供の鼻血が止まらない!何かの病気?

子供はよく鼻血を出すものですが、それにははっきりとした原因があります。

子供は無意識のうちに、鼻をほじったり、ムズムズするためにコスったりすることがあります。

そうすると、鼻の奥のキーゼルバッハ部位という毛細血管が集まっている部分が傷つき簡単に出血してしまうのです。


この毛細血管が集まっている場所の皮膚はとても薄くて繊細なので
ちょっとした刺激や衝撃でもすぐに傷ついてしまうのです。

しかも毛細血管が大量に集まっていますので
少し粘膜が傷ついただけでたくさん出血してしまうことがあります。


さらに子供がアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎を患っているなら鼻血は出やすいと言えます。

鼻の粘膜が炎症をおこしていたり、鼻をよくかむので傷が付いたりするからです。

そんなときには子供が強く鼻をかんだり
こすったりしないように気をつけて見てあげる事が大切になります。


また、子供はのぼせやすく、すぐに体温が上がってしまいます。

そうすると、鼻の中の血液量が急激に上がり
毛細血管が破れて鼻血が出てしまうという事もあります。


子供の顔がほてって赤くなったり、おでこにいっぱい汗をかいたりしているときは早めに子供の頭を水や氷枕などで冷やして上げましょう。

鼻血が止まらない場合に考えられる病気って?

子供でも大人でも
特に原因が分からないのに鼻血が出続けるときと言うのは気をつけなければなりません。

もしかしたら、その鼻血の裏には恐ろしい病気が隠れている可能性があるのです。


例えば上顎洞がん(じょうがくどうがん)という病気があります。

これは上あごの歯の上にあるスペースにガンが生まれて成長していく病気です。

このガンが大きくなると鼻の穴の片側から出血するケースが多くなります。


別の病気としては血管腫と呼ばれるもので
血管がたくさん増えすぎるときに出来る腫瘍が原因の病気です。


ただ、この腫瘍は良性で、がんでは無いので安心です。

しかし、この腫瘍が原因で鼻血が出ることがあります。

そんなときは手術で腫瘍を切除することによって解決することが可能です。


さらに可能性としては乳頭腫上咽頭がん(じょういんとうがん)を考えることも出来ます。


乳頭腫というのは鼻の粘膜の表面に扁平上皮という腫瘍が増殖する病気です。

これは血管腫と同じように良性の腫瘍なのですが
再発しやすい性質を持っており、がん化する危険もあります。

体質的な病気とも言えるでしょう。


上咽頭がんは、鼻と喉がつながっている空気の通る所に癌が出来る病気です。

このがんの初期の症状が鼻血や鼻づまりです。

目や耳にも障害を与えることもあるので比較的気がつきやすい病気です。
これらの症状に該当するような場合は、早めに病院で検査をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

鼻血の正しい止め方は?

では、鼻血が出た場合
血の止め方は、一体どうすればいいのでしょうか。


ついつい鼻血が下に垂れないように上を向いてしまいがちですが、これは間違った対処法です。


上を向いてしまうと、血が喉を通って気管に入ったり胃に入ったりします。
そうすると嘔吐の原因になったり、気分が悪くなったりしてしまいます。


正しい止め方は、上体を起こした状態で椅子や床に座って顔を下に向ける方法です。





そうすると血が喉に流れ込む事を防げます。

しかし血が下に垂れてしまうので
コットンなどを鼻に詰めて、小鼻をつまむようにしましょう。


親指と人差し指で小鼻を10分ほど抑えていると、自然と鼻血は止まります。

このときに押さえる場所が鼻の骨がある所だと、いくら強く押さえても鼻血が止まらないので、押さえるポジションに気をつけましょう。

幼児の鼻血を予防する方法

幼児が鼻血を出さないようにするには、予防も大切になります。


幼児は鼻を無意識にいじってしまいがちなので、爪をきちんと切って、粘膜が傷つかないようにして上げましょう。


爪を切ったあとは、爪がとんがっているので
やすりを少し掛けて、爪の先を丸めるようにしてあげたいですね。


また子供はのぼせやすいので、暑い時や遊んでいる時などは、薄着にさせたり、こまめに水を飲んだりして体温調整をして上げましょう。


鼻血が出そうなほど体温が上がっているときには、鼻筋を冷やすようにしましょう。


アレルギーが原因で鼻血が出ることもありますので
いつも以上に鼻水が多いように感じるときには、アレルギー検査をしてみるのも良いでしょう。


<おわりに>

子供でも大人でも、鼻血が習慣的に出る場合にはいくつかの重大な病気の心配があります。
しかし、ほとんどの場合は簡単な理由ですので、あまり心配しすぎないようにもしましょう。

スポンサーリンク

関連記事