当て逃げの罪


ここ最近、何かと話題にあがる『当て逃げ』。
どんな罪になるのでしょうか?

芸能人のノンスタイル井上さんの件でも大きくニュースになりました。

自分は車を運転しないから関係ない?
普通、事故を起こしたら逃走なんてしないでしょ?なんて他人事のあなた。
誰でも被害者・加害者になりうる当て逃げ行為について、説明していきます。

スポンサーリンク

当て逃げの罪 物損と人身の違い

当て逃げ」とは
車両運転者が物損事故を起こした時に事故現場から逃走などをする行為のこと。
これは危険防止措置義務を怠ったという道路交通法違反の犯罪行為です。


交通事故が起こった時、車両運転者は、負傷者の救護・道路の危険を防止する等の必要措置を講じる必要があります。

このことは運転免許取得の試験でも習うことですね。


そして、免許がなくても運転できる自転車も、この「車両」に含まれています。

誰でも気軽に乗れる自転車ですが、走行中に物や人と接触して事故を起こした場合、その場から離れると道路交通法違反として犯罪行為となるので、絶対逃げては駄目です。


「当て逃げ」は、「物損事故のみ」とされていますが
「人身」と「物損」はどのような違いがあるのでしょうか。


交通事故には、人身事故と物損事故があります。

人身事故は被害者が負傷・死傷する事故。

直接ぶつかったのは車だったとしても搭乗者が負傷・死傷した場合もこれに含まれます。


それに対して、物損事故は物の損害のみが発生した事故。
車や家、ガードレルなど物のみに対して破損が生じた事故のことを言います。


もし、事故を起こしてその場から逃走し、事故で負傷者や死傷者が出た場合
それは「ひき逃げ」とされます。

非常に重い犯罪行為だと分かってきましたね。

それでも、誰も見てないから逃げればバレない!なんて安易なこと考えていませんか?

当て逃げで点数や罰金はどうなる?犯人は見つかる?

最近のノンスタ井上さんのように有名な方が当事者でない限り
当て逃げで報道されるケースは少ないですが犯人の多くは見つかっているようです。


被害者の立場になれば、自分の所有物を破損させられたのですから
損害は加害者に弁償して欲しいと泣き寝入りしないのが普通でしょう。

そして、当て逃げが多数起きているのは「駐車場」と言われています。


最近はほとんどの駐車場に防犯カメラが設置されているため、当て逃げの瞬間は写っています。

中には駐車場に車を止める時、必ず隣の車両と一緒に自分の車を撮影するドライバーもいるようです。
万が一、車に傷をつけられた時の証拠になるとか。


道路を走行中の場合は、ドライブレコーダーを搭載している車両も増えていますので、そこでも犯行の瞬間は捉えられています。


当て逃げの検挙率が低い(公表はされていない)と言われていますが、その理由は物損事故のみのため、当事者が見つかれば当事者同士の話し合いになることがほとんど。
(ちなみに、ひき逃げとなれば検挙率は90%を超えます。)


犯人発覚後は警察が介入することはほぼないので検挙率が低いのです。
犯人が見つからないから検挙率が低いわけでないということですね。


車両による物損事故を起こしてしまった場合、点数や罰金はどうなるのでしょうか。

事故がひどい状態でなければ、点数加算がされないケースがほとんどです。
破損させてしまったものを弁償する必要はありますが、罰金は発生しません。


しかし、当て逃げしてしまった場合


・安全運転義務違反として2点
・危険防止措置義務違反として5点
合わせて7点が加算され、これで「免停」です。
それに加えて、罰則規定として「1年以下の懲役又は10万円以下の罰金」が課せられます。



では、当て逃げの被害者になってしまった場合、どのように対応するのが良いのでしょうか。

スポンサーリンク

ミラー接触!当て逃げされた場合

ドアミラー接触 サイドミラー接触の当て逃げ


当て逃げでよくある例が「ドアミラーの接触」。

駐車場で停車中の車両のミラーと接触した、走行中に対向車のサイドミラーと接触した、など。


ドアミラーは車体から出ている分、接触しやすい箇所でもありますが、ドアミラーや車の前方後方の角あたりは擦る程度の接触では、衝撃も少なく運転者が気づかないケースも多いです。


田舎の細い道を生活道路にしてる人なら、対向でミラー同士コツン程度の軽い接触は良くあることだと済ませる人もいるかもしれません。


ミラーが大損害になる接触は別として
少しミラーにキズ程度、細い道でお互い対向でコツン、・・


この場合は非常に判断が難しい所ですが、
事例として、実際、ナンバーを知らせて相手を警察に捕まえてもらったという人も居たようです。
ただ、ミラーのキズは数センチ程度だったため、修理代として1万を請求し受け取ったのみで
相手は警察から特にお咎めなしだったそうです。


いずれにしても接触があれば、直ちに一旦車を止めてドライバー同士で話し合う事
または、すぐ警察へ連絡してきちんと状況を説明しておきましょう。


自分が当て逃げをされた場合

走行中であれば衝撃に気づいて車を止めるでしょう。
しかし相手がそのまま走行してしまったとします。


その場合、必ず相手の車のナンバーや相手の車両の特徴を確認しておきましょう。

その場で逃げられてしまったとしても、ナンバーや特徴を元に警察で捜査をすることもできます。


駐車場に停車中に当て逃げされていた場合は、防犯カメラに映像が残っていることがありますので、駐車場の管理会社へ連絡し確認しましょう。


そして、警察に連絡をし、自分が把握している状況を細かく伝え、被害届を出します。

修理費用については、当て逃げ犯が見つかれば請求できます。


もし見つからなければ、自費で修理するか、加入している車両保険を適用させます。
ただし、保険金で修理すると、後日犯人が判明しても修理費用を請求することができなくなります。

また、翌年以降の保険料も上がる可能性があるので
どちらで修理するかはじっくり検討するようにしましょう。

まとめ

事故を起こした時、その場から離れずすぐに対応するのが一番の方法です。
万が一、動揺して現場から離れてしまった場合は、すぐに警察へ連絡をしましょう。
事故を起こしてしまったという事実は変えられません。

自分が起こしたことを受け止めて、真摯に対応するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事