発泡スチロール ゴミ


家電など商品の緩衝材、冷凍や冷蔵商品の容器
様々なシーンで使われている発泡スチロール。

そのゴミ分別、処分の仕方に悩んだこと、ありませんか?
大きい発泡スチロールならなおさら困りますよね。

今回は発泡スチロールの処分方法や捨てずに活用する方法など紹介していきます。

スポンサーリンク

発泡スチロールって何ゴミに分別される?その処分方法



発泡スチロールには種類があった!

発泡スチロールと言っても、実は種類があることをご存知ですか?

製法・用途により3種類の発泡スチロールが作られているんです。


① EPS(ビーズ法発泡スチロール)
原料のビーズを発砲させていろんな形状を作り出し、生鮮食品の容器や精密機器の緩衝材として、広く利用されています。


② PSP(発泡スチレンシート)
スーパーなどの精肉・鮮魚の容器トレーはこれです。


③ XPS(押出法発泡ポリスチレン)
板状のもので、住宅などの断熱材や畳の芯材として利用されています。

一般的に私たちが「発泡スチロール」と呼んでいるものは、①のものではないでしょうか。
他にも種類があることに驚きました。

形状も用途も異なる3種類の発泡スチロールですが
ゴミとして分別、処分方法はどうなのでしょうか?



<分別・処分方法>


発泡スチロールのゴミの捨て方は国内で統一されておらず、お住いの自治体ごとに分別方法が決まっています。
資源、不燃ゴミの地域が多いようですが、お住まいの自治体で確認してみてください。



精肉や鮮魚のトレーとしての発泡スチロールは購入先のスーパーなどで回収するケースが主です。

店舗内に回収ボックスがあるか確認してみましょう。

その他の場合、多いのは「廃棄プラスチック」としての分別のようです。


ゴミとして出す際も、大きすぎる発泡スチロールは適当な大きさに切断・分解して出す必要があります。


手で分解できるような大きさ・形状の発泡スチロールなら良いのですが、厚みがあればハサミで細かくするのも難しいでしょう。


パン切り包丁やノコギリのようなもので切断する方法もありますが、発泡スチロールの細かいゴミが部屋に蔓延し、そのあとの掃除が大変。


発泡スチロールを分解するのにオススメなのは、熱で溶かしながら切断する「スチロールカッター(発泡カッター)」です。

ホームセンターや通販、百円ショップなどで購入できます。


また、発泡スチロールを溶解する方法もあります。

柑橘系に含まれる「リモネン」という成分は発泡スチロールを溶かす働きがあります。

リモネンは「オレンジオイル」という製品に多く含まれているようです。
溶解後の溶液はキッチンペーパーや新聞紙に吸わせて、乾燥させてから可燃ごみにします。(乾く前にゴミ袋に入れるとゴミ袋が溶ける可能性があります)


不用品回収業者の中には、発泡スチロールを回収してくれる業者もいます。
回収費用が無料の場合もあるので、一度問い合わせてみてはいかがでしょう。


こうしてみると、ゴミとして処分は予想以上に大変そうですね。

処分しないで何かに活用はできないのでしょうか。

スポンサーリンク

発泡スチロールを捨てないで活用してみる




使用済みの発泡スチロールは、プラスチックの原料として資源化・燃料として再利用・燃焼させてその熱エネルギーを発電に利用など、様々な手法でリサイクルが行われています。


しかし、いずれも企業として行うことで家庭では到底こなせるものではありません。

では、家庭で活用できるアイデアはどんなものがあるのでしょうか。



① 小さくして梱包時の緩衝材

小さくした発泡スチロールをまとめて保管しておけば、壊れやすいものの配送や箱に入れて保管するときの緩衝材として利用できます。


② 植木鉢の中に

小さくした発泡スチロールを植木鉢の鉢底に敷いてから土を入れれば、通気性や水はけも良く、土よりも軽いので鉢植えが重くならずに持ち運びも楽になります。


③ おろし金で細かくしストッキングなどに入れてクッション枕

ビーズクッションのようなものになります。おろし金で細かくする作業は大変そうですが、出来上がれば快適な枕になりそうですね。


④ 物入れなど

箱型の発泡スチロールの場合、もともと入れてあったものの匂いが付いてなければ物入れとしての用途もあります。軽くて持ち運びしやすく、緩衝材の役目もあるので、壊れやすいものなどを入れるのに適してます。


⑤ インテリアとして

発泡スチロールを薄くして、好きな形に切り取り(アルファベットや動物のシルエットなど)、形に沿って飾りをつけたりピンを刺したりして、立体的なオブジェを作ることができます。それを壁に飾ったり、棚に立てかけたり。柔らかいので様々な形に仕上げることができますよ。

まとめ

発泡スチロールについて、いかがでしたか?

処分すると大変手間のかかる発泡スチロールですが、面白いアイディアがたくさんあり、捨てるより活かす方が良さそうですね。

皆さんも色んなアイディアで、ゴミではなく楽しい発泡スチロールの活用方法を見つけてみてください。

スポンサーリンク