歯ぎしりの原因


本人が睡眠中など無自覚の時に起こる「歯ぎしり」。

自分が歯ぎしりをしているか不安になって
気軽に旅行に行けない人もいるんじゃないでしょうか?

歯をギリギリと擦り合わせたり
強く噛み締めたりする歯ぎしりは、同じ部屋に寝ている人の睡眠の妨げにもなります。

周りに迷惑をかける歯ぎしりの原因について、チェックしていきましょう!

スポンサーリンク

歯ぎしりの原因は?睡眠中に起こるのはなぜ?



歯ぎしりの原因でよく言われているのはストレスです。


しかし実際、ストレスが緩和されるような環境でも歯ぎしりが改善しなかったり
ストレスがあっても歯ぎしりをしない人もいたりと、確実な根拠はありません。


ストレスに対しては、明確な改善方法も見出しにくいため、その他の理由も掘り下げていきましょう。


① 歯並び・噛み合わせの不具合による歯ぎしり


虫歯や治療中の歯を長く放置したりしてないですか?歯の不具合から顎の筋肉のバランスが悪くなり歯ぎしりが起こりやすくなります。


② 逆流性食道炎


歯ぎしりとは無縁の感じがしますが、実は歯ぎしりには胃酸の逆流を抑制する効果があると言われているんです。そのため、逆流性食道炎の患者には歯ぎしりをする人が多くいるようです。


③ 飲酒・喫煙・カフェインの過剰摂取


睡眠中の歯ぎしりは、主に睡眠の浅い時に起こりやすいので、飲酒・喫煙・カフェインの摂取により、質の良い睡眠がとれていないと、歯ぎしりを引き起こしやすくなります。


また、子供の頃は歯ぎしりが頻繁に起こりますが、これは乳歯から永久歯に変わる成長過程によるもの。大人の歯ぎしりとは原因が違うので、乳幼児〜小学生までの歯ぎしりはそこまで心配する必要はありません。


歯ぎしりは睡眠中の指摘が多いですが、実は、昼夜問わず起こっているもの。

昼間は、歯を擦り合せギリギリと音が出る行為は抑制されてますが
歯の上下が合わさった「食いしばる」状態は起きています。

無意識のうちに行われているので、知らないうちに頭や顔の筋肉が疲労します。


睡眠中の歯ぎしりの場合は、意識的に噛む力をコントロールできないため、強い力で食いしばりや擦り合わせをし、ギリギリなどの音が出ているのです。


昼も夜も歯ぎしりは、身体に負担がかかる行為。

放っておいたらどんなトラブルが出てくるのでしょうか。

スポンサーリンク

歯が欠けることも!歯ぎしりが原因で引き起こるトラブル

睡眠中の無自覚の時に起こっている歯ぎしり。

一晩に起こる歯ぎしりは、一生分の咀嚼と匹敵するくらいの負担がかかるそう。


そんな歯ぎしりによるトラブルは以下のものがあります。


① 歯が欠ける・すり減る

食いしばりや擦り合わせで、大切な歯が欠けたり、すり減ったり。無くなった歯は、もう元には戻りません。


② 知覚過敏

歯の食いしばりで亀裂が入ったり、歯の根元が削れて、知覚過敏になったりします。知覚過敏になると、歯がしみるという症状により食事をすることがつらくなります。


③ 外骨腫

外骨腫(がいこつしゅ)とは、骨の中にできる良性腫瘍の一種です。歯ぎしりの場合、歯の周りの骨が過剰に飛び出して形成されてしまいます。一度できると自然には治らなく、手術による治療が必要となります。


④ 顎関節症

顎が痛い、口を開けずらい、口を開いたときに音がなるなどの症状が出ます。その他に、慢性的な肩こり・首の痛み・腰痛・耳鳴りなどの症状が出る場合もあります。


⑤ 肩こり・片頭痛

歯ぎしりは、顎の筋肉だけでなく頭や肩の筋肉まで影響を及ぼします。食いしばりで大きな負担がかかると、筋肉がこわばり、肩こりや片頭痛を引き起こします。


こうしてみると、歯ぎしりによるトラブルは多様なものがあります。
そして、一度症状に出ると簡単には治らないものばかり。

できれば、トラブルが起こる前に歯ぎしりを治したいですよね。

歯ぎしりにはどんな治療方法があるのでしょうか。

マウスピースは効果がある?その他の治し方は

歯ぎしりの原因と治療 マウスピース


歯ぎしりの治療方法として一番多く挙げられるのは「マウスピース」です。

マウスピースを装着すれば、睡眠時の歯ぎしりによる歯の磨耗や顎への負担が軽減されます。

薬局などで市販されているものもありますが
歯科口腔外科などで作製してもらうことをお薦めします。

健康保険を適用の場合は5,000円程度で作製できます。

しかし、マウスピースはあくまでも歯ぎしりの防止方法としてで、根本治療とは言い難いもの。

マウスピースを装着すれば睡眠中の歯ぎしりによるトラブルは防げますので、マウスピースと並行して根本治療を行うようにしましょう。


歯ぎしりの根本治療としては、歯の矯正治療があります。

矯正器具を使い歯並びや噛み合わせが悪い部分を直していきます。


費用は保険適用外のため約30万円と高額ですが、治療後に歯ぎしりや顎の痛みが改善する方が多く、効果的な治療法と言えるでしょう。


また、最近では「トリガーポイント療法」と呼ばれる治療法も脚光を浴びています。


人の筋肉には「筋膜」と呼ばれる筋肉の塊を覆う膜のようなものがありますが、偏った姿勢や運動不足が続くことで筋肉・筋膜の中に疲労や老廃物がたまり、しこりのようなコリが生じてきます。


そのしこり部分を「トリガーポイント」と呼び、「トリガーポイント療法」はそのしこりを解消させる治療方法です。一見マッサージのように見えるトリガーポイント療法ですが、実際に施術を受けると押された部分と違う箇所にピリピリと刺激が起こりマッサージとは違う感覚のようです。

改善まで数回の通院が必要で、保険適用外のため1回1万円前後の費用がかかります。

まとめ

就寝中に周りに迷惑をかけるだけでなく、様々な体のトラブルを引き起こす歯ぎしり。

『起床時に歯が浮く感覚がある・歯の周りの骨が隆起している・歯が削れている』などの自覚症状がある人は要注意!早めに歯科口腔外科を受診して、トラブルが起こる前に改善させましょう。

スポンサーリンク

関連記事