睡眠時間が長いと寿命は?


毎日時間に追われ、普段から十分な睡眠時間を確保することは難しいですよね。

その分、休日に寝溜めをして普段の疲れを解消しようと思ってる人いませんか?
それって効率的な休息方法なのでしょうか?体への影響は?

今回は睡眠時間と寿命の関係を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

睡眠時間が長いと寿命が短くなるって本当?!

睡眠時間が長いと寿命が短くなる」という説を聞いた事ありませんか?

これは、1980年代にアメリカで行われた睡眠の調査に基づき広まった噂です。


1日の睡眠時間別に死亡率を調べたところ、死亡率が一番低かったのは「6.5時間〜7.5時間」でした。

それよりも長い睡眠時間「7.5時間〜8.5時間」では死亡率が20%も増えていたのです。


この研究を行ったダニエル・クリプペ博士は研究後に「睡眠は食欲と似ている。欲望にまかせてものを食べると、食べ過ぎて健康を害する。睡眠も、眠たいからといって、いつまでも寝ていると、体に良くない」と述べています。


アメリカだけでなく、日本でも同様の調査を行ったところ、死亡率が一番低い睡眠時間は「男性7.5時間・女性7.1時間」で、それよりも睡眠時間が長い人は死亡率が高くなるという結果が出ました。それにより、長い時間睡眠をとることで死亡率が上がるという説が浮上したと考えられています。


しかし、これはあくまでも統計上の結果です。

この説は噂の一つであり、何らかの持病や体の不調を抱えている人は睡眠時間が長くなると考えているのが個人的な見解です。


「睡眠時間が長い人=寿命が短い」とは安易に考えにくいでしょう。

一つ言えることは、「休日の寝溜め」や「長時間の昼寝」は体のリズムの崩れを生じさせ、合理的ではないということです。


本来、私たちの体は毎日きちんと休息をとるように設定されているので、平日の睡眠不足解消のために休日に長く寝ることは体内リズムを狂わせ、返ってその日の夜の睡眠の質を下げる原因になります。


また、長時間の昼寝は脳の老化を早め認知症になる確率を上げてしまいます。

昼寝をする場合は、15〜20分が脳の疲労解消に効果がある理想的な時間と言えるようです。


長い睡眠時間と短い寿命はイコールではないようですが、睡眠時間と寿命にはなんらかの関係があるのでしょうか?

スポンサーリンク

睡眠時間と寿命には相関があるの?

睡眠時間が長い

睡眠時間別に死亡率を調査した結果では約7時間の睡眠時間が最も死亡率が低いと出ていますが、睡眠時間と寿命に相関があるかどうかは、現段階で解明はされていません。


先に述べたように、調査結果はあくまで睡眠時間別にみた統計です。

ですが、睡眠時間が短いことで体に及ぼす悪影響が非常に多いことは判明しています。


免疫力の低下・老化の進行・精神不安定・脳機能の異常・重大な病気の発症率の上昇など、人にとって必要不可欠な睡眠が欠如すると様々なリスクが生じてしまいます。逆に、睡眠時間が多すぎる場合では、体内リズムの乱れが指摘され、中には心臓や血管への負担大を懸念する声も出ているようです。


そういう説を踏まえてみると、因果関係は解明されていませんが、睡眠時間と寿命には多少なりとも相関があると考えるのが妥当かもしれませんね。


また、睡眠で大切なのは時間ではなく睡眠の質である、と言われています。

ロングスリーパーやショートスリーパーという言葉があるように、1日10時間以上の睡眠を必要とする人もいれば、4時間ほどの睡眠で健康を保てる人もいます。

真偽は不明ですが、ナポレオン、エジソンはショートスリーパーだったとの説があるようです。


睡眠専門医によると、適切な睡眠時間は遺伝子で決められており、年齢や季節によっても変わってくるそうです。

そう言われると、自分にとって適切な睡眠時間がどれくらいか気になりますよね。


具体的な睡眠時間は専門医ではないと判別できないと思いますが、睡眠の質を上げて日頃から十分な休息をとるように努めることはできるはずです。

一体どのようにすればいいのでしょうか?

寿命を延ばすような睡眠方法

睡眠時間 質 朝日 日光

睡眠時にきちんと体と心のメンテナンスを行えれば健康的に過ごすことができるようになります。


睡眠の質を上げるため、以下のようなことを実践してみましょう。

① 寝る環境を整える

眠りにつくとき、自律神経は副交感神経が優位なリラックス状態になっています。就寝前に、白湯を飲む・クラシック音楽を聴く・ストレッチする、などリラックスする環境を作りましょう。


② カフェインを控える

カフェインには覚醒作用があります。夕方以降は控えるようにしましょう。


③ 寝る前の飲酒は避ける

飲酒は深い睡眠の妨げになります。就寝3時間前は飲酒を避けましょう。


④ 就寝前にパソコンやスマートフォンの画面を見ない

パソコンやスマートフォンの画面から出る光は、脳を興奮状態にしてしまいます。


⑤ 起床時に朝日を浴びる

朝日を浴びることは次の睡眠につながる睡眠ホルモンの分泌に影響してきます。睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンは、朝日を浴びてから14〜16時間後に分泌されます。


睡眠の質を上げる方法は難しいものではありません。
毎日を活動的に過ごすためにも、その日の疲れはその日のうちに解消しておきましょう。

まとめ

睡眠時間は長くても短くても体にとって良いものではないようですね。
睡眠の質を上げて、ご自身にとって適切な睡眠時間で十分な休息をとるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事