端午の節句 お祝い 兜

5月5日はこどもの日。
端午の節句とも呼ばれ、男子のお祝いの日として知られていますね。

自分の子供や孫が男子だったら、初めての端午の節句は盛大にお祝いしてあげたいはず!
でも何をどうすればいいのか…。端午の節句の常識、調べていきましょう。

スポンサーリンク

端午の節句はこうお祝いするのが一般的!

昔の端午の節句は5月5日ではなく、5月(端午)の最初の午(うま)の日に行っていました。


それが、午の日の「午」から「ご」という音から数字の「5」が浸透していき、奈良時代以降からは5月5日が端午の節句として定着したのです。


端午の節句では、「五月人形や鎧兜を飾る」「菖蒲を飾る・菖蒲湯につかる」「鯉のぼりを飾る」などを行うのが古くからの習わしですね。

これらにはこんな意味が込められています。



・五月人形や鎧兜

これは武家社会の風習が基になっていて、武具は「身体を守る大切なもの」という意味から事故や病気から大事な子供を守ってくれるように、と飾られます。



・菖蒲

菖蒲は「勝負」「尚武」に例えられ「たくましく育つように」という意味が込められています。また、邪気を払うものとされているので、菖蒲の花を飾ったり、菖蒲湯に入浴したりして、悪いものをお祓いする風習もあります。



・鯉のぼり

鯉は沼や池でも生きていける生命力の強い生き物とされており、その鯉をモチーフにすることで子供がどんな環境でも生きていけるよう、という願いが込められています。また、天高く昇るように飾るのは、立身出世を祈願しているからです。

なお、子供が生まれて、初めて迎える端午の節句を「初節句」と言います。
ですが、子供の出産日によっては生後間もなく5月5日がきてしまうことも…。


初節句について、生後21日以内の場合は翌年にするという考え方がありますが、生後21日以降でも宮参りやお食い初めが済んでいないケースもありますよね。


神様に報告をしていないのに初節句のお祝いをするのはちょっとおかしいのでは?

そのため、3月や4月生まれであっても、端午の節句までに宮参り・お食い初めが済んでいない場合は、初節句は翌年にする、という考えが一般的なようです。


初節句はおじいちゃん・おばあちゃんも楽しみにしているものなので、子供が3月4月生まれの場合は、初節句の時期をあらかじめ話し合っておきましょうね。


初節句は、母方(嫁)の実家から五月人形や鯉のぼりを贈るのが一般的とされています。

地域により、両家で折半されたりする場合もあるようです。
最近はマンションの家庭も増えているため、五月人形や鯉のぼりもコンパクトなものも増えていますね。


飾り始める時期は、3月下旬〜4月中旬までを目安に。

端午の節句の前日などに飾るのは「一夜飾り」といわれ縁起が悪いとされています。
絶対にやめましょう。


続いて、お祝い事の悩みで多いのが、お祝い金の相場など。
初節句の子供が甥っ子だったら?いとこの子供だったら?

お祝いの席で恥ずかしくないように把握しておきたいところです。

スポンサーリンク

端午の節句でお祝いの金額の相場は?祖父母、叔父叔母、親戚など…立場別

初めての端午の節句は盛大にお祝いする家庭も多いため、身内は招かれる機会もあります。


一般的なお祝いの金額の相場は、以下のようです。


・祖父母(母方) 100,000円〜300,000円(五月人形などを贈る為)

・祖父母(父方) 50,000円〜300,000円

・叔父や叔母 5,000円〜10,000円+お祝いの品

・その他の親戚 5,000円〜10,000円+お祝いの品

・親しい友人や知人 3,000円〜5,000円


母方の祖父母は、五月人形や鯉のぼりを贈るので高額になり
それに合わせて父方の祖父母も高額になるようです。

叔父や叔母、親戚は、お祝い金の他に玩具・衣類などのお祝いの品物を用意するケースが多いですね。


お金を包む時は、4(死)や9(苦)という数字にならないよう注意してください。

なお、初節句のお食事代は、主催者である子供の親が負担するのが基本です。


両家のおじいちゃん、おばあちゃんが揃うと、「うちが払います」など両家の間でゴタゴタしてしまうこともあるので、ここは主催者である子供のご両親がセッティング・費用負担を行いスマートに進めるようにしましょう。


次は、端午の節句で食べる食べ物についてです。
どんな料理が縁起が良いとされているのでしょうか。

端午の節句 どんな料理を食べると良い?

端午の節句の食べ物 チマキ 柏餅

一番に想像するのは、やはり「柏餅」や「ちまき」ではないでしょうか。

柏餅」には、子孫繁栄の意味が込められています。
お餅を包む柏の葉、柏は新芽が出てから古い葉が落ちることから、家系を絶やさない・家系が途絶えないと考えられています。


ちまき」は中国から伝わってきたもので、無病息災を願う食べ物です。

日本では、関東地方では「柏餅」、関西地方では「ちまき」と古くからの慣習があるようですよ。


その他の食べ物では、以下のようなものが挙げられています。


・鰹

鰹(かつお)は勝男と例え、男の子のお祝いではよく出される食材です。


・鰤などの出世魚

出世魚はその名の通り、将来出世するよう願いが込められています。


・鯛の尾頭付き

「おめでたい」としてお祝いの席では見ることの多い料理ですね。


・筍(たけのこ

「すくすくと成長する」という意味が込められています。


・海老

こちらもお祝いの席ではよく見る食材。海老は、長寿や生命力を意味しています。


・豆

おせち料理にもある豆料理。健康でマメに過ごせますように、との願いが込められています。


初めての端午の節句には、様々な食材を使ってお祝いをするのが良さそうですね。
親族を多く招き、盛大に祝う家が多いようです。

まとめ

端午の節句について、飾りや食べ物にも様々な意味が込められているということがわかりました。
特に初節句は、その子供にとって一生に一度の行事。
一家の繁栄を願うためにも気持ち良くお祝いをしてあげたいですね。

スポンサーリンク

関連記事