切手の貼り方 複数

メールやSNSでの連絡が増えて、手紙で挨拶をする機会が減ったと言われている昨今。
とは言っても、手紙を出す機会がゼロになったわけではないですよね。

実は、手紙の出し方にはルールがあり、切手の貼り方もその一つ。
特に切手を複数貼る場合などは迷ってしまいます。

受け取った相手に笑われないよう、切手の貼り方ルールを見ていきましょう。

スポンサーリンク

切手の貼り方。複数の切手を貼る場合は?実は貼り方にルールがある?

手紙を発送するとき、封筒に宛先を書いて、切手を貼るなら余白のどこでも良いと思っている人は多いのではないでしょうか。


実は、住所を書く位置・切手を貼る位置というのにはルールがあるんです。
これは、郵便について詳細に定められた『内国郵便約款』に記載されています。


ただ余白に宛名を書いて切手を貼るのは子供のやり方。

大人はきちんとルールを守って作成してみましょう。


まず、封筒には縦型・横型の2種類あります。


縦型封筒の場合は、右側から縦書きで宛先・宛名を記入し、切手は左上に貼ります。
切手を貼る範囲は、左上の縦7cm・横3.5cmです。

切手の貼り方

宛名は封筒の中央辺りに書くとバランスが良いですね。


横型封筒の場合は、宛先・宛名は横書きに記入し、切手は右上に貼ります。

切手の貼り方、貼る位置

切手を貼る範囲は、右上の縦3.5cm・横7cmです。


この切手の位置ですが間違っている方が多く、横型封筒でも左上に切手が貼ってあるものを見かけることが良くあります。


「切手は余白に貼ってあればいいんじゃない?」と言う人もいると思いますが、郵便局の消印作業を機械で行う時に、この切手の位置が重要になってくるのです。


縦型封筒と横型封筒を同じように縦向きに並べると、縦型封筒・左上の切手と横型封筒・右上の切手で同じ位置に切手があります。


消印作業の時は、同じ向きでセッティングしていくため、同じ位置に切手が来るようにルール化されているのです。


横型封筒なのに切手が左上に貼られていると、機械では作業できず手作業で処理をすることになります。毎日、膨大な量の郵便物を処理する必要があるのに、それが手作業になってしまうと郵便局員の負担もとんでもないものになりますよね。


何より約款で定められている事項です。

間違った箇所に切手を貼っても宛先には届くため大きく問題視はされてませんが、ルールはきちんと守りましょう。


切手を貼る位置は分かりました。次は、複数の切手を貼るとき。

スポンサーリンク




切手の貼り方① 複数枚貼るとき


金額によっては切手が複数必要なケースも出てきます。
複数枚貼るときにルールとはどんなものなのでしょうか。


こちらも縦型・横型により貼り方が違います。

まず、縦型の場合、左上に縦に並べて貼ります。

切手の貼り方で複数貼る場合

その時、縦7cm・横3.5cmの範囲内に入るように貼ります。
切手2枚で範囲いっぱいになるため3枚以上はその横に貼ることになります。

その場合、機械での消印処理はできないので、郵便局の方の手作業になります。
なるべく2枚までに収めるようにしたいですね。


そして、横型の場合、右上に並べて貼ります。

切手の貼り方

右上の縦3.5cm・横7cm。
横型は、切手を横に並べて貼るため、3枚まで並べることができます。


4枚以上は、その下に貼っていくことになりますが、こちらも郵便局の方の手作業での消印処理になるので、なるべく3枚までに収めるようにしたいものです。

いずれも、貼るときは切手同士が重ならないように。

切手が複数重なると金額などの表示が見えず、無効となるケースもあるので注意してください。


切手が何枚も貼ってあったり、重なってごちゃごちゃした封筒は印象も良くないです。

家に眠っている切手を使いたいから、という理由で複数枚貼るのなら、余った切手は郵便局で交換しませんか?


手数料はかかりますが、発送する郵便物の料金を余った切手で支払うことも可能なので、ぜひこのサービスを利用してすっきりした封筒で発送しましょう。


また、郵便物の中には、切手が直接貼りにくい素材の封筒もありますね。
そのような素材の封筒は、どういう風に切手を貼れば良いのでしょうか。



切手の貼り方② 切手が貼りにくい素材のとき


中の郵便物が濡れたりしないようビニール素材の封筒で発送したいとき、ありますよね。こんな封筒では、切手の粘着力では発送作業中に切手が剥がれてしまう恐れがあります。

どうすれば良いのでしょうか。


こういう場合に多いのが、切手自体を透明テープなどで貼ってしまうこと。

セロハンテープなど透明な素材のテープで切手を貼れば料金表示などは問題なく見えますが、消印を押すことができません。料金を支払っているので発送せざるをえませんが、郵便局の方にとってはとても迷惑行為。これは絶対やめましょう。


皆さんがどのようにやっているのか調べたところ、こんな案がありました。


切手の裏に両面テープやボンドなどの粘着力が強いものをつけて貼る

宛名シールのような白いシールを貼って、その上に切手を貼る
(白いシールがない場合、切手を貼って消印が押せるくらいの大きさの白い紙をセロハンテープなどで封筒に貼った上に切手を貼る)


白いシールを貼ってから、というのはなかなか良い案だと思いました。

消印作業も問題なく行えるし、見た目も悪くなさそうですね。


ビニール素材の封筒を使うケースは、オークションなどで相手先に荷物を送るなど頻度が高くはないようですが、必要な時はぜひこの案を取り入れてみてください。




まとめ


切手の貼り方について調べてみましたが、約款で定められているというのには驚きました。メールなどが主流の時代だからこそ、手紙が届くのは嬉しいものです。ルールを守って、素敵な手紙を書いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事