秋になると色んな所で見かける、
オレンジのかぼちゃ「ジャック・オー・ランタン」

白いお化けに魔女グッズなど
何となく知名度のある「ハロウィン」ですが、由来を知ってる人は少ないように思います。

何だかよくわからないままイベントを楽しんでる方も多いのではないでしょうか?

ハロウィンの由来や起源を知って、もっと楽しく過ごしませんか。

今回はハロウィンが本当はどんなお祭りなのか、わかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンの由来について

ハロウィン 子供 コスプレ 仮装 由来

ハロウィンは、いつ、どこで始まったどんな風習でしょうか?

ハロウィン(Halloween)と聞くと、
アメリカの季節的なお祭りだと思っている方も多いでしょう。

子供達の英会話教室や小中学校・高等学校での英語の授業で
ハロウィンと言う名前や話を聞く事も多いので

「英語=アメリカ」と勘違いしてしまう方も少なくありませんが、

アメリカのお祭りではなく、起源は紀元前のヨーロッパです。

ヨーロッパにケルト語を話す
ケルト民族と言う、沢山の神様を信仰している人々が住んでおり、
その中のひとつにドゥルイド教と呼ばれる宗教がありました。

このケルト民族は、11月1日から1年間が始まり
翌年の10月31日に1年が終わると言う周期だったのです。

大晦日に当たる10月31日に秋の収穫祭と共に
夜には先祖達の霊がこの世に戻ってくる日とされ

盛大なお祭りをしていたのが、ハロウィンの由来なのです。

本来のハロウィンは、10月31日の夜だけに行われるお祭りで、
決して前後してお祝いされる事はありません。

ハロウィンって宗教儀式的な由来?

日本では秋のコスプレイベント的な認識があるハロウィンですが、
実は元々は宗教的儀式だったのです。

単なるお祭りではありません。

日本のお盆の様なものです。

当然ながら教会でミサが開かれて、
自宅では食べ切れないぐらいの沢山のご馳走が作られていたました。

日本でも一般的にお盆にはお寺へ行ったり、

お坊さんに自宅に来て読経をして頂きますよね。

元はカトリック系民族が古代ケルト民族の地を侵略して、
ケルト人のお祭りを自分達のキリスト教に取り込んだのが由来になっています。

キリスト教には11月1日が諸聖人の日(フランス語でトゥッサン)
と呼ばれる全ての聖人や殉教者を祝福する日があり、
カトリックの国フランスでは祝日になっています。

その翌日はフェット・デ・モーと呼ばれる死者の祝日です。

なので10月31日の夜に行われるハロウィンは、
同じ宗教行事としてキリスト教に取り込むのに丁度良かったのかも知れませんね。

ハロウィンの飾り付けはどうする?日常でも飾れる魔除け効果がある物

ハロウィンって言葉に意味はある?

ハロウィンと言う言葉は人によって多少の言い方は異なるものの、
大体は「ハロイン」とか「ハロウィーン」と発音されると思います。

英語でHalloweenと表記しますが、
Hallowと言う言葉は「神聖な」と言う意味があります。

そして、新年を迎える前夜なのでクリスマスイヴと同じく

「前夜」と言う意味のEveと言う単語が訛って「ハロウィン」と呼ばれる様になったという説。

神聖なHallowと、夜と言う意味のEveningが合わさって出来た言葉だという説。

All Hallow’s evenと言う言葉の短縮したものだという説。

色々と言われていますが、実際はどれが正しいと言うよりも、
長い年月をかけて言葉が少しづつ変化して落ち着いた結果が「ハロウィン」と言えるでしょう。

スポンサーリンク

なぜ日本でハロウィンが?

筆者は昭和48年生まれですが、
子供時代にはハロウィンなんて何のイベントもありませんでした。

初めてハロウィンのシンボルとも言える
オレンジ色のかぼちゃ型の入れ物に入ったお菓子を見たのは、
たったの7日間で昭和の時代が幕を閉じる昭和64年(1989年)の事でした。

それ以前は本当に全く認知されていませんでした。

当時は昭和の第二次べビーブ-ムの時代で、
子供がものすごく多くて流行に乗れば勢いよく知名度も上がりますが
その時代にはハロウィンはアメリカのお祭り程度の認識しかありませんでした。

本当にここ数年で一気にハロウィンが日本でも行われる様になった気がします。

一番の原因は、テーマパ-クが集客のために
ハロウィンのイベントやグッズを取り入れた事ではないかと思います。

同時に、日本のママさん達が、早期教育にと幼児期から英会話教室を選ぶ人が増えた事で、
異国の文化やイベントなどを知る機会が増えたためと思われます。

小・中・高等学校での英語教育でもアメリカ人の先生が、

多く授業の一環としてハロウィンを取り入れている事もあるのではないでしょうか。

アメリカから日本へ伝わってから
大人も子供も楽しめるコスプレイベントの様になっているので、
本来の宗教的な意味合いは殆どなく季節のイベントとして
日本の年間行事に加わって来ているのが現状です。

ハロウィンの仮装は簡単でかわいい~本場的な観察してみた

ハロウィン かわいい 子供 コスプレ 仮装

日本で初のハロウィンはいつ?

初めて日本でハロウィンが行われたのは
1983年(昭和58年)にサンリオグッズの聖地と言える原宿のキディランドで、
ハロウィングッズを売りまくるために
一般のお客さん達にパレ-ドに参加してもらった時だそうです。

当初は外国の人が多かったらしいですが、現在では親子揃っての参加が多くなっています。

爆発的に知名度が上がったのは、
1997年に1日限定で開催された東京ディズニーランドの
ディズニー・ハッピ-ハロウィン」です。

当時ディズニーランドの近くに住んで居た筆者も行きました。

非日常的なディズニ-ランドが
更に10月31日の1日限定のハロウィン空間になっており

可愛いとしか言い様のない世界でした。

普段でも可愛いディズニ-キャラクターが、ハロウィン仕様になっていて
ハロウィン商戦にやられてキャラクタ-グッズを買い込んだ覚えがあります。

2001年からは10月中のイベントとして行われていましたが、

近年は9月の始めごろから10月31日まで行われています。

個人的には、
この期間中のハロウィン仕様ホーンテッドマンションがおすすめです!

フランスのディズニーランドには
ホーンテッドマンションは存在しないのでフランス人も大喜びする可愛さです。

2002年からは大阪のユニバーサルスタジオ・ジャパンでも
毎年ハリウッドのハロウィンイベントが開催されていますね。

日本の一般家庭でのハロウィンは、いつから行われてたかは断定出来ませんが
この10年~15年位の間に一気に普及したのではないかと思います。

カボチャの提灯「ジャック・オー・ランタン」を使う意味

ハロウィン

日本のお盆も、ご先祖様をお迎えするのに迎え火を焚いたり、
盆提灯を使う風習があります。

同じくハロウィン発祥の地ヨーロッパでも、
家の中にご先祖様の霊にくっついて悪い霊が入って来るのを防ぐため

ジャックオーランタンは魔除けとして使われていました。

当時はカボチャではなくカブで作られていて、
今でもスコットランドやアイルランド、イギリスなどではカブを使って作られています。

アメリカへ伝わってからオレンジ色のカボチャに変化したのです。

理由はアメリカではカブは一般的でなく、
この季節に至る所で収穫できるオレンジ色のカボチャが沢山あったからと言うだけの理由。

特に意味などなく、カブの代用品にすぎないようです。

ちなみに「ジャック・オー・ランタン」と言う名前
ジャック」と言う悪事ばかり働き、
地獄行きが確定していたにもかかわらず、迎えに来た悪魔を持ち前の悪賢さで、

2度も出し抜いて延命を図り地獄行きをも免れた男の名前です。

地獄に行かずに済む様に、悪魔にジャックの命を奪わせないと言う約束をしたのですが、
その場は上手く交わせても人間には寿命があり必ず死が訪れるもの。

しかし、優しい悪魔は、その時のジャックとの契約を律儀にしっかりと守ってくれます。

おかげでジャックは、悪人なので天国へ行く事も出来ず、
地獄の門番にも入場拒否され、

現世に戻る事も出来ずにあの世をさまよう事になってしまいました。

真っ暗で怖くて道が見えないと悪魔に懇願したのですが契約は契約。

ヨーロッパの人間は契約第一、
必ず守るので、お情けで受け入れてくれる訳がありません。

代わりに地獄でメラメラと燃えている火の塊を1つ分けてくれたのですが、
何も入れる物がないジャックは近くに生えていたカブを引っこ抜いて中をくり抜き

その中に火を入れ提灯として使ったと言う由来があります。

ジャックは、地獄と天国の間の道を、
今でもこの火を持って行ったり来たりしている
んだそうです。

アイルランドの昔話の中には、
夜空を見上げるとジャックが、この火を持ちながら歩き続ける姿が見える
と言うお話があり、
筆者がかつて、アイルランドへ旅行に行った時に知り合ったおばあさんから聞かされました。

ジャックの火=鬼火」と言う存在らしく、
子供がなかなか寝ない時には、このお話をして早く寝かせる様にするのだそうです。

ハロウィンの仮装は簡単でかわいい~本場的な観察してみた

いかがでしたか?

ハロウィンに関して、
何となくコスプレパーティ的なアメリカの行事と思っていた方も多いのではないでしょうか。

ハロウィンの由来を知ると楽しさも変わると思います。

これらの由来を知らない方や子供達にも是非教えてあげて下さいね。

スポンサーリンク

関連記事