耳の裏の臭い

すれ違いざまに「ん?!」と気になる相手の臭いってありませんか?
そういう臭いの大半は、実は耳の裏から漂っているんです。

しかも、本人が気付いてないだけで女性や若者からだってこの不快な臭いがでています。
加齢臭・おじさんの臭いなんて一言で片付けられない!
耳の裏の臭いの原因と解消法を紹介します。

スポンサーリンク

耳の裏がチーズ臭い!あなたは大丈夫?!

耳の裏側はアポクリン腺・皮脂腺・耳垢腺と言った汗腺が多く集中している場所。

汗腺があるということは汗が出るところですよね。
だからこそ、きちんとケアしていないと年齢・性別に関係なく臭ってしまうんです。


そもそも、汗腺が集中しているとなぜ臭いやすくなるのでしょう。

実は、汗自体はほぼ無臭なんです。

「良い状態の汗は無臭・悪い状態の汗は悪臭」というニュアンスの言葉、聞いたことないでしょうか。


体外に排出される汗は体温調節のためのもの。

通常は、体温が上昇すると血液からミネラル分と水分が汗腺に流れ込み、必要なミネラル分は体内に再吸収されて、水分と少しの塩分のみが汗として体外に排出されます。


こういう汗はサラサラとしていて臭いはほとんどしません。
汗腺機能が鈍っていると、通常の働きをすることができずに水分と共に必要なミネラル分も体外に排出されてしまいます。


この汗はベタベタで肌の環境を悪化させるので、皮膚常在菌が繁殖しやすい環境をつくり臭いが強くなってしまうのです。


汗腺が集中している箇所は、その臭いの元が多く存在しているということ。
だから耳の後ろは要注意なんですね。


自分が臭っているかを確認する一番簡単な方法は、指で耳の裏側(後ろ)をこすってみてその指の匂いを嗅ぐこと。
ほとんど臭いのない方はきちんとケアができている証拠。
気になる臭いがある方…それ周りにも気づかれてる可能性高いですよ。


臭いの例えとしては、
・油の臭い
・チーズ(ブルーチーズ)のような臭い
・ごみ捨て場のような臭い
などがあげられます。


どれも周りを不快な気分にさせてしまう臭いばかり。臭いに気づいたら一刻も早くなんとかしたいですよね。

では、どうやったら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

耳の裏の臭いが気になる…解消法は?

耳の裏の臭い 対策

まず、耳の裏の臭いの原因としてはこんなものがあります。

・耳の裏に垢や汚れがたまっている
・疲労やストレスがたまっている
・食生活や生活習慣の悪化


身体の機能が低下する主な要因である「疲労・ストレス・生活習慣の乱れ」をすぐに改善することは難しいですが、垢や汚れが原因の場合はすぐにでも解消できそうですよね。


洗い忘れがちな耳の裏はシャンプーの時・首を洗う時・顔を洗う時のいずれかの時に一緒に洗いましょう。ゴシゴシと強い刺激を与えると返って逆効果なので、洗う時は爪を立てず優しく丁寧に。毎日のお風呂の時にきちんと洗っていれば、汚れや垢が原因で臭うことは無くなります。


他の理由、「疲労・ストレス・生活習慣の乱れ」の場合はどういうことに注意すれば良いのでしょうか。


現代人として社会に出ている以上、ストレスは付き物です。


これを除外することは無理なので、ストレスと上手に付き合っていくようにしましょう。

自分に合ったストレス解消法を見つけたり、頑張りすぎないように手を抜けることは手を抜いて過ごすようにすると少しは楽になりますよ。

また十分に睡眠をとることも疲労回復やストレス緩和になります。


食生活の改善は、揚げ物などの脂っこいものや肉類・卵を控えることが重要です。

全く食べない、ということではなく、食事のメインを野菜に変えてあげるだけでも、体調が良くなっていくでしょう。


朝食でフルーツを摂るようにするなど、出来る範囲から変えていきましょう。またニンニクや玉ねぎなどの匂いの強い食材は体臭を悪化させる原因の一つ。


こちらも摂取しすぎないように。
生活習慣の改善では、タバコやお酒を控える・適度な運動や入浴で汗をかくことを心がけましょう。


禁煙をしたら臭わなくなったという声を聞いたことがあります。

お酒も飲みすぎは禁物。量は適度にしてください。なお、運動や入浴、サウナなどで汗をかくことは汗腺機能の改善に役立ちます。

皮脂や汚れで詰まった汗腺を掃除する効果もあり。


上記に挙げた臭いの要因どれにも当てはまらないのに臭う!という方

その臭い、実は病気が原因ということも!

耳の周辺が臭う時、考えられる病気とは

耳の周辺で臭いを発する病気はいくつかあります。もともと、耳の裏は臭いを発しやすい場所でもあるので、「ただの皮脂汚れの臭い」など自己判断で放置しないよう、心当たりのある方はチェックしてみてください。


① 先天性耳瘻孔


生まれつき耳の付け根(耳の頬側の部分)にごく小さい穴が空いている方がいます。これ自体は問題がないのですが、その穴から膿が出てきて悪臭を放ったり、穴の中が菌に感染して化膿することがあります。臭いがある場合は、耳鼻科の受診をお勧めします。


② 粉瘤(ふんりゅう)


耳の周辺に限らず、皮膚の下に皮脂や角質が溜まりしこりになる皮膚疾患です。耳の裏は皮脂腺が多くあるためできやすい場所です。しこりから悪臭を放つことがあるので、臭いが気になったら皮膚科、または形成外科を受診するように。


③ 中耳炎・外耳炎


プールやお風呂で耳の中に水が入ったり、耳掃除のしすぎで耳の中に炎症が起こる疾患です。炎症が起こることにより、臭いを発します。耳の中が痛い、痛痒い、臭いがする、などの症状があったら耳鼻科を受診しましょう。

まとめ


自分は気づいていないのに、周りには気づかれてる耳の裏からの臭い。
皆さんは臭い、大丈夫でしたでしょうか?少しでも気になる方は、臭いの要因を改善するように注意していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事