悪玉コレステロール

長寿大国と呼ばれる日本、平均寿命も年々上がり、少子高齢化に拍車がかかるのは明らか。
自分が高齢になった時のことを考えると、健康がなによりだと思いませんか?

様々な病気の発症リスクが上がる悪玉コレステロール
数値が高くなっている人は要注意です。

健康で長生きするためにも、悪玉コレステロールのこと知っておきましょう!

スポンサーリンク

悪玉コレステロールが高くなっている!原因はなに?

悪玉コレステロールの原因を解明する前に

あまり知られていない「コレステロール」と「中性脂肪」の違いを説明していきます。


どちらも体に良くないという認識から、コレステロールも中性脂肪も同じものと勘違いされている方、結構多いんです。


中性脂肪とは、内臓や身体の各所に蓄えられている体の重要なエネルギー源です。
ただ摂取のしすぎで体脂肪と体内に蓄積されると肥満の原因となります。


コレステロールとは、体内の細胞膜や胆汁酸を作りだす重要な役割を持つ脂質です。


コレステロールには「善玉(HDL)」と「悪玉(LDL)」があり、
善玉コレステロールは血液中の余分なコレステロールを肝臓に運ぶ役割
悪玉コレステロールは肝臓から血管や体内の各組織にコレステロールを運ぶ役割を持っています。


悪玉コレステロールの原因


善玉・悪玉と差別されていますが、どちらも体には必要なもので、両方のバランスが保てていれば何も問題は起きないのです。


そこで出てくるのが、中性脂肪。


中性脂肪の増加とコレステロールのバランスが崩れることには相関関係があります。

体内に中性脂肪が蓄積されていくと、善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加していきます。そうなると、善玉・悪玉コレステロールの働きのバランスが崩れ、肝臓が正常に機能しなくなります。


より中性脂肪を体内に蓄積するようになり、それにより悪玉コレステロールが増えて…という負のスパイラルに陥ってしまいます。


コレステロールと中性脂肪の関係がわかったところで、悪玉コレステロールが増える原因を上げていきます。


① 食生活の乱れ
② 運動不足
③ 病気による影響
④ 親からの遺伝



食生活の乱れ・運動不足は、耳にすることが多い不健康への第一歩。


健康な方でも、高脂肪の食事・お酒の過剰な摂取は避けるよう言われていますよね。
運動不足から代謝が悪くなり、体内で蓄積されてしまう脂肪が増えるのも知られていることです。


気になるのは、それ以外の項目。
病気による影響・親からの遺伝とは、どのようなことなのでしょうか?

スポンサーリンク

食事に気をつけているのに…悪玉コレステロールが高い理由

食事に気をつけて、定期的に運動をしているのになぜか悪玉コレステロールの数値が高めの方、原因はこんなところにあるかもしれません。


・病気による影響


元々、悪玉コレステロール値は正常だったのに、病気の発症が原因で数値が高くなるケースがあります。影響を与えるとされる病気は「糖尿病」、「甲状腺機能の低下」、「ネフローゼ症候群」と言われています。


・糖尿病


インシュリンの働きが悪くなることで脂質を代謝しにくくなり、中性脂肪が増加します。それにより、悪玉コレステロールも高くなります。糖尿病の発症後、併発して脂質異常症になる場合も多くあります。日本人の食生活が昔に比べて豊かになったことも、糖尿病が現代病と言われる所以でしょう。


・甲状腺機能の低下


甲状腺は、喉仏の下にある気管。体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを分泌しています。この機能が低下すると、体内の脂質をきちんと分解できず悪玉コレステロール値を上げてしまいます。


・ネフローゼ症候群


ネフローゼ症候群とは、血液中のタンパク質が尿と一緒に体外に排出されてしまう腎疾患。不足したタンパク質を補うため、肝臓ではアルブミンというタンパク質を作り出すのですが、その際、悪玉コレステロールも作り出されてしまうのです。


・親からの遺伝


この場合は、生まれた時から悪玉コレステロールの数値が健康な方の1.5倍〜2倍ほどの高さになります。そのため、通常では考えられない年齢から動脈硬化が進んでしまいます。この遺伝は「家族性高コレステロール血症」と呼ばれ、日本国内でも200〜500人に一人の割合で存在すると報告されています。


病気や親からの遺伝が原因の場合、生活習慣の改善だけでは正常な数値に戻すのは難しいでしょう。

専門の医療機関で見てもらう必要があります。
ですが、それ以外の理由で悪玉コレステロールの数値が高い場合は、本人の努力次第で正常に戻すことが可能です。

悪玉コレステロールを下げる効果的な方法とは

悪玉コレステロール 肝臓

悪玉コレステロールの数値が高くなる要因に、食生活の乱れ・運動不足とありましたね。

このことから、定期的に運動をして体に良いものを食べれば悪玉コレステロールの減少・善玉コレステロールの増加につながるのは明らかなことです。ですが、やみくもに改善しようとしても、なかなか続かないのが現状。きちんと改善するためには、体の仕組みを知ることも大切です。


コレステロールは、善玉・悪玉ともに肝臓で作られています。
そのため、肝臓が正常に機能し、かつ中性脂肪を増やさない食生活を送ることが一番効果的と考えられます。


肝臓の機能を高めるには、以下のようなことを実践しましょう。


・しじみ、イカ、牡蠣などのタウリンが豊富な食材の摂取

・野菜、海藻類、キノコ類などの食物繊維が多い食材の摂取

・豆腐、納豆などの大豆食品を摂取

・飲酒を控える

・睡眠不足の改善


上記に合わせて、中性脂肪を増やすような油分の多い食事は避けるようにしましょう。

悪玉コレステロールの減少に関わらず、肝臓は体内の臓器の中でも重要な役割を担っています。
難しいことはありませんので、日頃から心がけていくようにしましょう。

まとめ

悪玉コレステロールが増加する原因、中性脂肪との関係について、改善方法についていかがでしたか?

健康で長生きするためには、基本的なことが一番大事。
重い病気のリスクを避けるためにも、ストレスがたまらない程度に体にいいこと実践していきましょう!

スポンサーリンク

関連記事