七五三の着物の着付け

七五三では女の子は3歳と7歳

男の子は3歳と5歳に行われますが
七五三のイメ-ジとして真っ先に浮かぶのが着物ではないでしょうか。

最近では男女を問わず、本当に沢山の種類の着物が出ています。


七五三だからといって、絶対に着物を着せなくてはいけないと言う決まりはありません。

洋装でも全く問題ありませんが
和装と決めた場合には、物心の付いた子供達に良い思い出になる七五三を

素敵な着物の印象をしっかり残すことが出来るようにしたいですよね。

今回は七五三に最適の着物と気を付ける点についてご紹介します。

スポンサーリンク

七五三の着物:3歳の女の子の着付け

3歳 女の子の着付け方

3歳女の子の場合には、着物の上に被布という羽織を着せるスタイルが一般的です。
(着付け方は上記の動画参照)

着物売り場やレンタルショップで複数の着物を手にすると実感出来ると思いますが、
着物により重さが微妙に異なります。

重い着物は、着ている子供が苦労します。

普段気慣れないもので、歩幅も制限されてしまうので、通常よりも動きが悪くなります。


これらのことに気付かない親御さんが、
3歳児のノロノロ歩く姿に「早く」と言っている光景もよく見かけます。

しかし、おチビちゃん達は精一杯頑張って歩いているので
急かしたり押したりしないで普段の倍の時間的余裕は必ず持って行動しましょう。


パパが常に抱っこして移動する場合は問題ないでしょうが、
着物を着た女の子の抱っこは、意外にすべって抱っこしにくいので気を付けてくださいね。

着物の色は何色が良いと言うのはありませんが、
昔から赤い色は他人の邪気や嫉妬を払い除ける色とされている人気の色で

花嫁さんの打掛にも好んで使用されている縁起の良い色です。


ピンクは女の子の可愛らしさを最大限に引き出してくれる色とされているので、
七五三の着物にはピンクと赤の混合カラ-が人気です。

また、3歳のお祝いで使った着物は7歳の時の七五三では着られないことを覚えておいてください。

逆に7歳の祝い着を3歳児に使うことは可能です。

七五三はいつ行う?2016年 男の子と女の子の時期、由来や注意点も

七五三のお祝いで食事会。両親とお祝い、お返しマナーの注意点とは?

七五三の着物:7歳の女の子の着付け

7歳 女の子の着付け方

7歳女の子の着物は、3歳の七五三で着る着物とは作りが異なります。
(着付け方は上記の動画参照)

作りが大人の着物とほとんど変わらず
帯もお殿の女性と変わらない締め方をします。

ですが、7歳の祝い着の場合は作り帯と言って
既に形の出来上がった帯を使うことが出来ます。

普通の長い帯の後ろに差し込むものが付いているので
簡単に華やかな帯を付ける事が出来ます。


また、この帯の下に柔らかいフワフワした手触りの志古貴(しごき)と呼ばれるリボンの様な帯を結びます。

胸元には3歳児には使用しない「はこ迫」と呼ばれる物を入れて、帯には扇子を差します。

7歳の祝い着は、3歳の祝い着とは違って
一段と大人らしいものになり華やかさが感じられると思います。


また、7歳の祝い着は、下に妹がいる場合
レンタルではなく購入した方が経済的だと思います。

同じ着物でも、かんざしや小物を変えるだけで違うのでおすすめです。

スポンサーリンク

3歳と5歳の男の子:着物・羽織袴の着付け

3歳と5歳 男の子の羽織袴(着付け)

3歳&5歳の男の子の場合には、羽織袴スタイルです。
(着付け方は上記の動画参照)

色や柄に関しては、何でもあると言っても良いでしょう。

そして男児の七五三の3歳のお祝いは
地域や家庭によっては、やらない所も多くあります。


筆者は千葉県出身ですが、兄は5歳の時に1度しか七五三のお祝いをしませんでしたし
周囲の男の子達も3歳ではしていませんでした。

中には、3歳と5歳の2回もやるのは面倒だから5歳だけという人もいます。

これは各家庭での判断で問題ありません。


5歳男の子の羽織袴ですが

お宮参りの時に祝い着を作られた方は、その祝い着を着物として着せ、羽織袴を上から着せます。

家庭によってはパパが子供の頃に着た物があったり
家紋を入れる場合がありますので、女児の時よりも慎重になった方が良いかも知れません。


お祝いの着物に入れる家紋は嫁ぎ先の家紋で、
ママの実家の家紋ではありませんので注意しましょう。

良く動く男児の場合には、腰ひもを使うよりも
和装小物などを扱っているお店にあるマジックテ-プで止められるものが着崩れしにくくておすすめです。

レトロな着物

レトロでアンティークな着物

レトロな着物には現代の着物にある様な柄や色とは異なる美しさがあります。

アンティ-ク着物とも呼ばれ
大正時代から昭和初期頃の着物が、これらに当てはまります。

今の時代には見ることのない柄と柄が掛け合されたようなものや
幾何学模様や市松模様などの柄物が多くあります。


色も、化学染料が広まって来た時代なので激しい色の物が多く見られます。

薄い柄と言うのは、ほとんどないと言っても過言ではありません。

現代では、若くて洋風な顔立ちの人に意外に似合うのに驚きが隠せません。

七五三の祝い着にも、レトロな着物があるので
普通の感じよりも個性的な着物を着せたい人におすすめです。

子供の着物着用時の注意点

七五三の女の子

現代の子供達は昔の子供のように厳しく育てられていないので
親の言うことを聞かない子供が多く見られます。

「あれはダメ、これはダメ」と言っても聞く耳を持ちません。


普段から駄々をこねる子供の場合には、場所がどこであろうが
何を着ていようがお構いなしに地べたに寝転がって暴れたりします。

高額な着物を着ていようが安物だろうが、子供にはお構いなしですね。

そういったこともあり、
やはり着物は正絹よりポリエステル素材が無難でしょう。

ポリエステル素材は光沢があって
触り心地がツルツルしている物が多いのですが

その分、砂埃にも負けないと良さと
着物自体が軽いので長時間着ていても疲れにくい性質を持っています。

もし、お詣りの途中で大雨に遭っても
水溜まりで転んで泥んこになっても、洗濯機で洗える手軽さが人気の秘訣です。


正絹は、着物好きな人や
普段着物を着る機会の多い日本の伝統文化を継承している人、門下生など、
常に自分の視界に着物があることが当たり前な人には、正絹の着物の良し悪しが理解出来ると思います。

しかし着物に縁のない人にとっては、車に乗らない人が車の違いを理解出来ないように
ポリエステル素材のものと正絹と、さほどの区別は付きません。


また、七五三のお祝い着に草履が欠かせませんが
普段履き慣れていないものなので子どもが歩きにくくて動きが鈍くなります。

女の子の場合は歩幅も制限されてしまいます。


神社仏閣でよく見かける光景ですが
階段が上手に登れなかったり、草履を引き摺るようにして歩く子など様々です。

そして、これが意外にストレスになる親御さんが少なくありません。


写真やお参りの時だけ草履を履かせて、
移動の時には普段の靴を履かせることをおすすめします。

それじゃ、折角の衣装なのに格好悪い!と思われるかも知れませんが
子供が思うように動けなくて怒って泣き出したりということも多いんです。


中にはトイレに間に合わずお漏らししてしまう子までいます。

トイレも通常よりも、衣装に気を取られているので
時間がかかり長蛇の列が出来ていることも珍しくありません。

男児は袴の裾を踏んでしまうことが多いので歩く時には気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたか?

七五三の祝い着を着た子供を連れて歩く時には
子供の後ろを歩いていて草履を踏んでしまわない様にも気を付けましょう。

お詣りの後に食事へ行く方は子供の着替えを持参して

着替えてから行った方が気を使うことなく食べられますよ。

スポンサーリンク

関連記事