お正月の三が日に食べるお雑煮。
地域によって具材も味付けもいろいろ違いがある。

初めて他県のお雑煮を食べる時は、それはもうビックリです。

こんなものが入っているの?これがお雑煮??と不思議に思うこともあります。

そこで今回は、古今東西、一般的なお雑煮の特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

お雑煮の由来

お雑煮 地域の違い

お雑煮は元旦からの三が日に食べるお餅入りの「汁」のことです。


色々な具材を煮合わせて作る「煮雑ぜ(にまぜ)」が「お雑煮」という言葉になりました。


どこの地域でも必ずお餅が入っているのは、
お餅が「年神様」へのお供え物であるからです。


そのお供えしたお餅をお下がりとして頂くことで恩恵を授かり

1年間また無事に過ごせると言われているので、
新年はこのお餅を使ってお雑煮が作られるのです。

それでは、なぜお雑煮は地域でこれほど違うのでしょうか?

地域の違いと特徴:丸餅と角餅

お雑煮の地域の違いと特徴

お雑煮に入っているお餅の形も、地域によって特徴が違います。


東日本=角餅

西日本=丸餅


もともとは東西関係なく丸餠だったそうですが、
江戸の人口増加に伴う大量生産のため
東日本では作りやすく便利な角餅が広まって行きました。


しかし京文化の強い西日本では角餅は普及せず
「角のない円満」を表す丸餅がそのまま受け継がれて行きました。


そんな丸餅と角餅の東西の分かれ目は、岐阜と滋賀の県境あたりです。

これは天下の分け目である「関ケ原の戦い」となったところです。

この天下の分け目と共に餅の形も東西で分かれたのでは、という説もあります。

続いて、焼くのと煮るのも違いがある東西・・

スポンサーリンク

焼き餅と煮餅

お雑煮のお餅は焼いて入れるところと
焼かずにそのまま煮るところに分かれます。


東日本=焼く

西日本=煮る


地方によって、焼くご家庭と煮るご家庭が入り混じっているところもありますが、
基本的には東西でわかれるようです。


よって、

東日本=角餅を焼く

西日本=丸餠を煮る


というのが一般的ですが、

ちょうど丸餅・角餅、焼き餅・煮餅のそれぞれの境目あたりでは、
どちらも入り混じったお雑煮の地域が多くあります。


また、香川県のようにお餅の中に餡の入った「餡子餅」を使う地域もあります。

澄まし・醤油・味噌・白味噌

お雑煮 白味噌の地域

お汁の味付けも東西でかなり違います。


東日本:醤油ベースの澄まし

関西 :白味噌

西日本:味噌か澄まし 他にも赤味噌、小豆ベースの地域もあります。

一般的に東日本の澄ましは「醤油ベース」の澄ましですが、
西日本の澄ましの多くは「出汁ベース」で、お醤油は入れません。

まとめ

いかがでしたか?

お雑煮といっても日本全国で地域性の違い、特徴があります。

やはり食べ慣れたご家庭の味で新年を迎えるのが一番落ち着きますね。

他県にもおいしそうなお雑煮がたくさんありますので、機会があればぜひお試しください。

スポンサーリンク

関連記事