冬はアウターからマフラー手袋など
色々なアイテムをファッションコーディネイト出来るのが楽しいですね。

そのアウターにもいろいろあって迷ってしまいますね。

ピーコート・ダッフルコート・トレンチコート。

これらのコートのほとんどがヨーロッパ海軍由来の服だということを知っていますか?

今回は、それぞれのコートについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コートの由来

【ダッフルコート】

ダッフルコート由来

英国海軍のコートが由来です。

ボタンではなくトグル(留め具)とループでコートの前を留めるコートです。

なぜボタンではないか知っていますか?

それは手袋をしていても簡単にトグルを留められるからです。


その他歩いたり、作業しやすいように脇にスリットが入っています。
ボタンではないので前合わせを、左前・右前に変えることが出来ます。

風の強い船の上で、風向きによって前合わせを変えられる工夫がなされています。
寒さに対して色々な工夫をしてあるコートなんですね。


【ピーコート】

ピーコート由来

これも英国海軍仕様のコートです。

ショート丈のマリンコートです。


前合わせがダブルになっていて風が通らない工夫がしてあります。
どちらかの上前のボタンが取れてしまったときも、逆側を上前にすることが出来ます。


英語ではPea Coat.トと書きます。
Peaとは錨の爪の事です。


ピーコートのボタンに錨のマークが刻まれていることがあります。
冬のコートなのに錨のマークなんて夏っぽいなと思っていたのですが、こんな由来があったのですね。


【トレンチコート】

トレンチコート由来

てっきりバーバリーがデザインしたコートだと思っていたのですが、
イギリス軍の軍用コートが由来です。


生地もしくは繊維に防水加工が施してあります。
トレンチコートは多くのストラップやベルトがついているのが特徴です。


それぞれに意味があります。

肩についているエポレット(ショルダーストラップ)は水筒や双眼鏡を吊るためのものです。


襟や袖口についているベルトを締めることで冷風を防ぐことが出来ます。
その他銃の衝撃を和らげるタブがついていたりします。


ダッフル・トレンチ・ピーコート、どれも定番中の定番ですよね。

デザインだけではなくこんなに機能的な服だったのですね。

スポンサーリンク

関連記事