「ブラックフライデー」という言葉を聞いたことがありますか?

これはアメリカで年に一度の特大バーゲンセールの日のことです。
ハワイでも行われます。


全米のあちこちのショッピングモールで格安セールが行われるので、
待ってましたとばかりにアメリカ中の人達がショッピングにくり出します。


アメリカ・ハワイでお得に買い物がしたい人
たまたまその時期に旅行でいく人はブラックフライデーに参加しよう!

今回は、このブラックフライデーについてご紹介します。

スポンサーリンク

ブラックフライデーinハワイ

ブラックフライデーとは

アメリカでは毎年11月の第4木曜日は「サンクスギビングデー」という感謝祭の日で
その翌日の金曜日のことを「ブラックフライデー

その直後の月曜日のことを「サイバーマンデー」と呼びます。


「翌日の金曜日」とは言っても、サンクスギビングの木曜ディナー後
夜中の0時からすでにブラックフライデーがスタートしています。


日本人として行きやすいハワイでのブラックフライデー。


ハワイのアラモナショッピングセンター


ブランドアウトレットで有名なワイケレ



ファッションモール等は夜中の0時オープンが一般的ですが
最近では感謝祭の日の夜10時からすでにオープンするお店も増えています。


本格参戦する人は、事前に、買いたいブランドはどれだけ安くなるか
その店はいつから始まるか個別チェックを済ませよう。

ワイケレのブラックフライデー買い物ツアー2016も出ています。

JTBハワイ
【JTB限定】ブラックフライデー限定 ワイケレ真夜中のバーゲン・シャトル
2016年11月24日
21:50~22:15 ワイキキ地区ホテル出発
23:00前後 ワイケレ・プレミアム・アウトレット到着 自由時間(ワイケレ・アウトレット内でお買物)
1:45 ワイケレ・プレミアム・アウトレット出発
2:15頃 ワイキキ地区ホテル帰着

HIS
真夜中の「ブラックフライデー」LeaLea ワイケレ・ショッピング・シャトル
2016年11月24日
22:00 ワイキキ地区のホテルまたは指定集合場所へお迎え
23:00 ワイケレ・プレミアム・アウトレット到着
4:00 ワイケレ・プレミアム・アウトレット出発
5:30 ワイキキ地区のホテルへ到着予定

スポンサーリンク

ブラックフライデーのお得な割引セール

ブラックフライデー 行列

あらゆる商品が大特価で買えるブラックフライデー。

夜中とはいえ、どこのショッピングモールも行列ができ駐車場は大渋滞
お店の中も大混雑します。


そんな人ごみの中、クリスマスプレゼントのまとめ買いをする人が多くみられます。

各店舗で様々な割引がされていますが
ここではよく見られる割引表示をご紹介します。


1.BuyOneGetOneFree(バイワン・ケットワンフリー)

1個買うと2個目は無料。1個だけの購入は定価料金。


2.Upto50%Off

最大5割引。でもほとんどが2、3割引の商品。


3.Buy8Only$20

通常1個5ドル(約500円)の商品を、8個で20ドル(約2000円)。7個以下では定価料金。


電化製品はブラックフライデーまで待つ!

ブラックフライデー 電化製品 並ぶ

ブラックフライデーで一番人気なのは、やはり電化製品。

テレビやパソコンといった普段高値な商品が半額以下で買えるとあって
どこの電気屋さんも大混雑です。


人気商品はすぐに売り切れてしまうため、どうしても早いもの勝ちとなってしまいます。

「先着100名様に限り、店内のお好きな電化製品を半額!」というお店となると
3~4日も前から店頭に並ぶ人もいます。

サイバーマンデーはネットで買い物三昧

ブラックフライデーとサイバーマンデー

ブラックフライデーはお店まで行って買い物をしますが
サイバーマンデーはネットで買い物をします。


店頭で買うとたった2割引の商品が、ネットで買うと5割引になったりと
オンライン上で買うのが断然お得なバーゲンセールの日です。


ブラックフライデーに深夜からお店に行くのは「寒くて眠くて疲れる」という人達も、
このサイバーマンデーの日にネットで買い物をします。

サンクスギビングの日、アメリカでは七面鳥等のご馳走をお腹いっぱい食べます。


サンクスギビングデーっていつ?アメリカのターキーは嫌になる


でもどうやら食べ過ぎてしまったから運動として「ショッパサイズ」に行く!
というのがブラックフライデーならではの決まり文句のようです。

ハワイでも行われるので機会があればブラックフライデーの雰囲気を楽しんでみてください。

スポンサーリンク

関連記事