10月31日はハロウィンの日です。
ハロウィンではお菓子を子供達に配りますよね。

この日、本場の欧米では、顔見知りの子供から全く知らない子供まで、
たくさんの子供達がお菓子をもらいに家々をまわって歩きます。

日本では、一定の地域の祭り事を除いて

見ず知らずのお家へお菓子をねだって歩く事はほとんどありませんよね。
(そういえば、私が子供の頃、昔に旗飴という飴をもらいに回る行事がありました。
特定の地域ですが今でもあるのかな)


本場欧州・フランスでは、どんなお菓子が配られるのか?

ハロウィンといえば「仮装」ですが、なぜ子供たちにお菓子を配るようになったか?
そのあたりも交えてご紹介します。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ハロウィンでお菓子を配る由来

ハロウィンでお菓子を子供に配る
ハロウィンは仮装するだけじゃなく、お菓子を配るのも風習になってますよね。
なぜハロウィンではお菓子を配るのでしょうか?

ハロウィンの仮装は簡単でかわいい~本場的な観察してみる

ハロウィンの10月31日は悪霊や魔物がこの世にやって来て悪さをしたり、
災いをもたらすと言われています。

オバケの仮装をした子供達と一緒に本物の悪霊も家々にやって来るので、
お菓子を渡して家の中には入って来ないでもらおうと言う意味があるようです。


つまり、お菓子を配るのは魔除けのためだったのですね。

トリック・オア・トリ-ト(Trick or Treat)
「悪さされたいか、おもてなしするか=お菓子をくれないと悪さするぞ」
という有名な言葉があります。

大抵の悪霊はお腹を減らしている事が多いので、
何か食べる物をあげて落ち着かせようと言う目的もあったようです。

時代と共に宗教的な意味合いが薄れ
単なるイベントになってしまっているので現在は意味はなくなっていますが
日本的に言えば周囲に合せて批判を買わないようにするためとも言えそうです。


お菓子1つで子供にも親にも陰口を叩かれないで済むのなら、
配っておいた方が別の意味での災い除けになるのではないでしょうか。

お菓子は元々、今の時代の様なお菓子ではなく、
ソウルケ-キ」と言って
シナモンやナツメグ、ジンジャ-などのスパイスを入れた卵型のクッキ-の様な食べ物もので
上には十字型に小さな干しブドウを乗せたものでした。

干しブドウではなく、ナイフで十字の模様を入れたものなどもあります。

味はクリスマスの頃にイギリスやフランスで出回る
「サン・二コラ」と呼ばれるジンジャ-クッキ-によく似ており、
特徴的な味をしていますが、コ-ヒ-や紅茶との相性がバッチリ!


これは11月2日の死者のご供養の日のための
死者の霊達へのお供え物として作られていたものなんです。

子供が各家庭をまわる行為自体は、「ソウリング」と言って、
子供達が歌いながらお供え物の収集のために家々をまわった習慣から来ています。

このソウルケ-キの代わりに果物をあげる家もあったそうです。

配ると言うより、子供達が「恵んで頂く」と言うのが本来正解で
修道僧達も、このソウルケ-キやハロウィンのお祭りの食料の残りを分けてもらいながら
家々を回って死者のためにお祈りを捧げていたのです。

現在も子供達にお菓子を配る、
お菓子をもらって歩くのは、こういった風習の名残から来ています。

ハロウィンの由来 日本ではいつから?本当に怖い「かぼちゃ」の意味

ハロウィンで配るお菓子

ハロウィンのお菓子

配るお菓子は市販の個包装されたお菓子やキャンディ-が一般的ですが
大勢に渡す場合は、高価なお菓子などは用意する必要はないでしょう。

しかし、あまりに安っぽく気が引けると言う方は
少々労力を伴いますが、ラッピンググッズや折り紙などを使って少し工夫するだけで
子供が喜び評価が高くなる事間違いありません。


キャンディ-の小さな袋詰めを作る時には、
意外に量増しテクニックとして使えるものにマシュマロがあります。

100円ショップの可愛いラッピングバッグに
複数のキャンディ-を詰めるだけで見栄えが断然違うので

ハロウィンパ-ティ-などの持ちよりの際に
お土産として持参しても喜ばれるのでおススメです。

知らない子供でアレルギ-などを起こされたら恐いと思う方には
チョコレ-トやクッキ-などよりも市販のキャンディ-の方がオススメです。


小さな子供の場合には棒付きのキャンディ-が喜びます。

フランスでは、知らない家の子供には
大体キャンディ-を1つか2つと言うのが常識となってます。

自分の子供のお友達や、よく知っている子供が来た場合には、
キャンディ-ではなくお家で手作りしたお菓子やパウンドケ-キ

可愛くラッピングしたキャンディ-の詰め合わせを差し上げる事もあります。

そのためにハロウィン当日は朝からお菓子作りに専念したりしています。

ハロウィンのお菓子は魔女の手作り。本場から「おすすめ簡単レシピ」

筆者の在住地フランスでは季節柄、リンゴが至る所で採れる時期でもあり
キャンディ-の変わりにリンゴをあげたり、リンゴ飴を作ってあげる事もあります。

リンゴ飴 ハロウィンお菓子を配る

リンゴ飴といえば、日本では夏祭りなどの屋台イメージですが

砂糖さえあれば1度に大量に作れて経済的な上に
歩きまわってお腹の空いている子供達に好評。


食紅を混ぜ合わせて不気味な色を作りだし、
砂糖と混ぜ合わせて毒リンゴ飴にすると特に小・中学生男児に喜ばれます。

ハロウィンの子供といえば、トリック・オア・トリ-ト(Trick or Treat)

というイメージがあると思いますが

フランスでは案外普通に玄関をノックして
「こんにちは。飴をください」と物静かに頼んで来ます。


いつも現れる時間は午後2時を過ぎた頃から午後6時頃まで、
晴れた日は特に可愛い魔女やドラキュラが大勢やって来るので楽しみ。

午後6時を過ぎると既に暗くなってしまう事もあり、
道路から人気もなくなるのでピタリと終了する感じです。


しかし、なかには無礼な子供がいる・・

これは海外日本問わず、どこにでもヤンチャがいますね。

「こんなの?」とか「もっとちょうだい」「ケチ」など言いたい放題の子供も。

無理してもらって頂く必要はないので
「ウチはこれしかないから嫌なら持って行かなくて良いよ」と取り返します。

また、キャンディの入った籠を差し出したら1人の子供がゴッソリ持って行く欲張りな子。

どこにでもいると思うので最初から見せない事ですね~。
日本でも子供にあげる場合は、1つ2つ手渡しするのが無難かと。


では、お菓子はいつ渡すのがベターでしょう?

スポンサーリンク

お菓子はいつ・誰に渡したら良い?

ハロウィンのお菓子

ハロウィン当日に自宅へねだりに来る子供に関しては
その日に直接子供に渡すとして

各自治体ごとに子供会など
不特定多数の家を回るイベントを行う場合には、回覧板や、
集合住宅の場合には掲示板などにお知らせが出るので、その日時に合せて用意しましょう。


学校などの場合は子供が持って行くと思いますが、
ママ友同士でのパ-ティ-への持ち寄りの場合には主催者の方へ渡すと良いでしょう。


ハロウィンは10月31日ですが、
子供によっては遊びの延長で日時を前後して予告なくやってくる場合もあります。

この場合は、ねだられたお家の方が判断する事ですが
海外では当日以外に来ても一切あげません。

断りにくい方も居るかも知れませんが
「今日はハロウィンではないから用意していないよ」と
毅然とした態度でお断りした方が無用な来客を寄せ付けなくて済みますよ。

ハロウィンの由来 日本ではいつから?本当に怖い「かぼちゃ」の意味

ハロウィンの仮装は簡単でかわいい~本場的な観察してみる

ハロウィンのお菓子は魔女の手作り。本場から「おすすめ簡単レシピ」



いかがでしたでしょうか?

ハロウィンイベントは好き嫌いが分かれてしまいますが
好きな方は思いっきり楽しんでお菓子の準備をしてみて下さい。

筆者はイベント事が大好きなので毎年張り切って準備して楽しんでいますが、
迷惑に感じる方や好きではない方がいるのも事実です。

ご自分のお子様がハロウィンイベントに参加してお菓子をもらいに行く際には挨拶を徹底し、
もらえない家もあると言う事を十分に理解してから楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連記事