仕事納めっていつ?挨拶のタイミング

仕事納めはいつ?
挨拶はどうすれば?

年末年始休暇に向けていつも以上に忙しくなるのも、
12月が師走と呼ばれる理由でしょう。

一年の締めくくりとなる仕事納め
スマートに乗り越えて、同期にばっちり差をつけましょう。

仕事納めっていつ?どんな意味が?

仕事納めは年末の業務最終日

つまり、翌営業日は年始の業務開始日となります。

ここでしっかりとした準備ができるかできないかで、
年始にスムーズな業務開始を迎えられるかどうかが決まってしまうのです。


また、上司・先輩への一年間の感謝を伝えることもとても重要。

上司・先輩は、あなたが社会人として成長できているか日々見ています。

将来のために、しっかり自分をアピールするチャンスでもありますね。


仕事納めの日は、企業・職種により様々ですが
多くは12月28日(土日に当たる時は前後にずれることがあります)としています。


一般的には、午前中は通常業務を行い
午後から大掃除などをするようです。

最近は、忘年会は12月の中旬までに部署ごとで開催し
仕事納めの日に社内でちょっとした打ち上げなど行う会社も多くあります。

皆が和気あいあいと打ち上げをしている横で黙々と業務をするハメに…
なんてことにならないよう、仕事納めに向けてのペース配分はしっかりしておきましょう。


ところで、派遣社員・パート社員って仕事納めはどうするの?
という話をよく聞きますが

これは企業・業種により異なるため一般論があまりないところ。

お給料が時給計算の派遣社員・パート社員
企業によっては実質的な業務があまりない仕事納め日は、出勤を任意にしている会社もあります。

その反面、棚卸し作業が発生する業種なら、出勤して欲しいという声もあります。


一つ言えることは、正社員でも派遣社員・パート社員でも
年末最後の勤務日がその人にとっての『仕事納め』。

挨拶はきちんとしておきたいですね。

次は、仕事納めの挨拶について説明していきます。

スポンサーリンク

仕事納めの挨拶はどうすればいい?

仕事納めの挨拶ですが、
新社会人にとっては上司や先輩にその年の感謝を伝えられる場でもあります。

こんな機会はなかなかないので、恥ずかしがらず実践してみましょう。

仕事納めの挨拶をする順番は、年功序列で。

自身より立場が上方の役職から挨拶にいきます。


その際、くれぐれも忙しくしている上司・先輩の仕事の邪魔にはならないよう
状況をきちんと見極めることが大切です。


派遣社員・パート社員も同じです。

どんな立場の方でも、日頃お世話になっている上司はいるものです。

お互い親睦を深めるきっかけにもなりますので、是非してみてください。

また、社外の担当顧客への挨拶の際、
合わせて自社の年末年始休業期間なども伝えることを忘れないようにしましょう。

では、実際にどのような挨拶をすれば良いのか、例をあげていきます。

スポンサーリンク

仕事納めの挨拶:良い例、そのシチュエーション

仕事納めの挨拶で、伝えるべきことは
上司・先輩への一年間の感謝の気持ち・来年の意気込み』です。


その他に、その年に上司・先輩に教わったことでより心に残ったことや
ちょっとした思い出など印象深い出来事があれば

それについて加えれば、より相手に気持ちが伝わる内容になるはずです。


例「一年間、大変お世話になりました。
○○課長から多くのことを教わり、非常に充実した年となりました。
いつもフォローをしていただき、感謝しております。
来年は教わったことを糧に、少しでも○○課長へ恩返しができるよう、精一杯勤めていきます。
今後ともご指導ご鞭撻の程、どうぞ宜しくお願い致します。」


上記のような文章に、ご自身の状況・立場に合わせて
具体的な肉付けをしていくと良いでしょう。


仕事納めの挨拶は直接伝えるべきですが、
仕事上どうしても会うことができず直接伝えられないこともありますよね。

そのときは、メールで挨拶を送ります。

メールで挨拶をする際、流れ作業になりがちですが、
同じメールを複数に送らず、一人一人に具体的な内容で送信するようにしてください。

そういう小さな気遣いも社会人スキルの一つです。


また、担当取引先など
社外に仕事納めの挨拶をする文例は、以下のようなものが一般的です。




例「株式会社○○ △△部長殿

いつもお世話になっております。
株式会社□□の○○です。

今年もいよいよ残りわずかとなってまいりました。
貴社におかれましてはますますご清栄の事とお喜び申し上げます。

おかげさまで、貴社をはじめ皆さまのお力添えにより、本年も無事に仕事納めを迎えることができ、心からお礼を申し上げます。

弊社では、12月28日より休業させていただき、新年は1月4日より営業開始といたします。
休業期間中はご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承くださいますようお願い致します。

来年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。
それでは、良いお年をお迎えください。」




社外宛の仕事納めの挨拶でも、
伝えることは一年間の感謝と来年もお付き合いくださいという気持ちです。


日頃の関係性にもよりますが
具体的な内容を加えて、印象深い挨拶にするのも良いと思います。

仕事始めの例はこちら
仕事始め 2017 年始職場で気持ち良い挨拶の文例と憂鬱の対策

まとめ

仕事納めについてまとめましたが、いかがでしたか。

年末なんてまだまだ先、なんて思っているとあっと言う間です。

「備えあれば憂いなし」という諺のとおり、前もってしっかり準備をして
社会人として恥ずかしくない仕事納めを迎えましょう。

スポンサーリンク

関連記事