鏡開きはいつ?由来も

お正月にはどこの家庭にも飾られている鏡餅。

最近は簡単に「鏡開き」ができる便利な鏡餅もありますよね。

そういえば、結婚式で行われる酒樽を割る「鏡割り」も鏡開きと言われています。


今回は、お正月の鏡開きはいつ行うのか

結婚式の鏡開き(鏡割り)と合わせて、それぞれの方法
なぜどっちも鏡開きなのか?由来についてもご紹介します。

由来や正しいやり方を知っていれば
一層縁起の良い鏡開き・鏡割りができること間違い無しです。

スポンサーリンク

鏡開きとは?結婚式の鏡割りも鏡開き?

そもそも鏡開きとは、お正月に飾っていた鏡餅を食べる年中行事を指します。


一方、鏡割りは結婚式やお祝いの席で酒樽を割って
みんなでお酒を飲むという風習のことを指しています。


鏡開き、鏡割り、と同じ「鏡」という言葉が使われているので
意味を混同しがちですが由来はまったく違います。


お正月に鏡餅を食べる「鏡開き」とは

年神様が宿った「鏡の形をしたおもちを開いて分けて食べる」という由来があります。

昔から鏡は「神器」のひとつと言われており、神聖な道具だったのですね。


そんな神聖な道具である鏡を模ったおもちには
年始に年神様が宿ると信じられていたので「鏡餅」と言われていたということです。


また、「鏡餅を切って食べる」のは切腹を連想させるため
「鏡餅を開いて食べる」と表現するようになりました。



そして、鏡割りの「鏡」は酒樽のフタを表現した言葉です。
丸い木のフタを鏡と呼んでいたのですね。

その酒のフタを木槌で盛大に割って、みんなでお酒を飲むというのが鏡割りの由来。

お正月の鏡割りとはまったく由来が違います。


ただし、結婚式の場では「別れる」「割れる」という言葉が避けられるため
こちらも「鏡開き」と呼ぶことが多いのです。

それでは、お正月の鏡開きはいつ、どのように行うのでしょうか?

鏡開きはいつ?

さて、実はお正月の鏡開きには細々とした決まり事があるので、
知らずに行うと赤っ恥をかくかもしれません。


まずは、鏡開きを行うのは1月11日もしくは1月20日と決まっています。


もしくは幕の内が開けた日に行うこともあり
地域によっては15日に行うところもあるかもしれません。


そして、鏡開きの手順としては家長が木槌で硬くなったお餅を割って、
家族へ分けて配るというのが基本。
一家の主が鏡開きをします。


ちなみに、鏡餅を包丁で切ってしまってはいけません。

硬くなったお餅は木槌で叩きながら割るか
一度柔らかくしてから手でちぎって分けましょう。


こうして鏡餅をみんなで食べることによって、
一年元気に過ごせると信じられてきたのです。


鏡餅を飾って捨ててしまっては意味がありません。

年神様が宿ったお餅をいただくことでご利益があります。

食べるタイミング、手順、すべてに意味があるというわけです。

スポンサーリンク

結婚式と鏡開きの掛け声

鏡開きと鏡割り

続いて、結婚式の場で行われる鏡開きにも作法があります。

まず、鏡開きで木槌を持ってフタを割るのは、もちろん新郎新婦。


鏡開きを行うのはイベントの主役と決まっています。

また、立ち位置ですが
お客様にお尻を向けてフタを割るようなことが無いようにしましょう。


次に、鏡開きの前に口上や挨拶を入れることも作法のひとつです。

乾杯の挨拶と同じように、
簡単な挨拶が入り「よいしょー」の掛け声で盛大に木槌を振ります。


新郎新婦が最初の一振りだけで、実際にフタを取って、
樽の中に入ってしまった木くずを取り除くのは会場のスタッフのお仕事。


あとは、升に入れたお酒をふるまっていくというのが鏡開きの手順です。

最近は事前にフタを取って樽の上にかぶせて、
割るしぐさだけをするという鏡開きが一般的になってきたようですね。


そのフタに寄せ書きをして、新郎新婦にプレゼントすることも増えてるそうです。

鏡開きのフタを思い出の品として持って帰れるなんて素敵ですね。
参列者も楽しめる鏡割りになります。

まとめ

いかがでしょう。

お正月の鏡開きと、お祝いの席での鏡割り、それぞれ由来が違っていたんですね。

また結婚式では「割る」と表現せず「開く」と言うのも日本らしいなと思います。

鏡開きの時期や手順を知っていれば、意味深い年中行事となりそうです。

スポンサーリンク

関連記事