仕事始めは憂鬱、気持ち良い挨拶の文例

年始には新たな気持ちで仕事に取り組もう!と思っていたのに

いざ新年を迎えて仕事始めが近づくと、また仕事が始まる…憂鬱だ・・

なんとなく腰が重い気持ちになってしまう。
こんな経験、社会人なら誰でもありますよね。


今回は、仕事始めを前向きに迎えられる簡単な対策

そして、仕事始めの良い挨拶を例を挙げながら紹介します。

どうせなら職場でも気持ちよく新年を迎えましょう。

スポンサーリンク

仕事始めの憂鬱の原因と対策

<憂鬱の原因>

仕事始めを憂鬱と感じてしまう原因は、以下のようなことがあげられます。


① 休日の特権でもある『夜更かし』


長い休みが続くと、やりがちなのが夜更かし。
夜更かしによる生活リズムの崩れは、やる気が低下する要因の一つなんです。


② ついやってしまう『暴飲暴食』


大晦日やお正月は親族や友人との集まりなど、お酒を飲む機会も増え
暴飲暴食により体は疲れ切ってしまいます。

臓器の元気がないと気分も落ち込みがちです。


③『運動不足』による代謝の低下


休日は家でのんびり過ごすことが多い方は要注意。
たった数日でも運動不足による代謝の低下は深刻です。

体が疲れやすくなり、気分の落ち込みに繋がります。


以上のように
「夜更かし」「暴飲暴食」「運動不足」は、誰でもついやってしまうこと。
禁止するより、リセットすることを心がけるべきですね。


<対策>
ここからは、仕事始めに向けて気持ちを切り替える方法・対策をあげていきます。


① 仕事始めの2〜3日前から、徐々に生活リズムを戻していく


新年初出勤日から急に今までの生活を始めるのではなく、
徐々に戻していくことで、自身の気持ちもゆっくりとリセットすることができます。


②仕事始めの朝はいつもより早く起き、準備に余裕をもつ


早起きすると気持ちも引き締まります。

好きな音楽を聴きながら準備をしたり、
お気に入りの服を着て出勤したりして、テンションを上げていきましょう。


③気兼ねのない友人との新年会などの予定を入れておく


楽しみな予定を入れておくのも一つの方法。

大変な仕事でも、その先に待つ友人との約束のおかげで難なく乗り越えることができますよね。


④周りも同じ気持ちということを知っておく


仕事始めを憂鬱だと感じるのは、自分だけではありません。

周りのみんなも同じように落ち込んでいます。
同じように頑張ろうとしていると知れば、不思議と気持ちも軽くなります。


⑤年末の仕事納めの時点で、仕事始めの業務を整理しておく


仕事始めにやるべきこと明確だと、不安な気持ちも解消されます。
業務をメモ書きしたり、資料をまとめておいたり、年末にできることはやっておきましょう。


オンオフをうまく切り替えできる人は、仕事もスマートにこなすことができます。


結局何もせず、いきなり仕事始めを迎えると憂鬱になりますから

1日、2日前からでも良いので
仕事始めに照準を合わせて気持ちと体を作っていく、ちょっとした意識。

これはシーズンが始まるスポーツ選手も一般人も同じですよね。


次に気持ちの良い年始挨拶の方法を紹介します。

スポンサーリンク

仕事始め、年始の挨拶はどうする?

仕事始めで、特に憂鬱になるネガティブな意見が多いのが
『仕事始めの挨拶』についてかと思います。


どう挨拶したら一番よいのか?
毎年良く分からないまま済ましている方も多いと思います。


会社の規模・社風にもよりますが、
一般的には新年の初出勤時「おはようございます。」の代わりに
新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
と必ず言いましょう。


当たり前で単純なことですが

これだけでも、自分の気持ちが引き締まるだけでなく
相手の気持ちも引き締まって気分よく新年を迎えることができます。


また、普段お世話になっている上司・先輩へは、個別に挨拶することをお勧めします。

挨拶の順番は、上の役職の方からが基本。
他の人とのタイミングを見計らい、午前中には済ませてしまいましょう。


派遣社員やパート社員も同様です。
仕事始めの挨拶は、社会人としてのマナーです。

上司・先輩は、自分の下で働く社員をちゃんと見ています。
正社員でも派遣社員でもパート社員でも部下・後輩は変わりませんよね。

新年を気持ちよく迎えるためにも、雇用形態に縛られずきちんと挨拶はしておくべきです。


『挨拶』は、先にしたもの勝ちと言われています。

自分からより、先に挨拶された方が記憶に残りやすいからです。

また、気になることから済ませてしまえば
気持ちも軽くなるので、挨拶は早めに済ませましょう。

次に、挨拶の具体的な内容をいくつかあげていきます。

仕事始めの職場で挨拶:良い文例、メールで挨拶

新年最初の出勤日に、朝の挨拶を「新年明けましておめでとうございます。」と伝えることは、先にお話ししてました。



上司・先輩への挨拶まわりでも同じ文言で問題ありませんが、
せっかくなのでもう少しきちんと気持ちを伝えてみましょう。


例:「新年明けましておめでとうございます。A課の○○です。
昨年は○○課長には大変お世話になり感謝しております。
本年は今までより会社に貢献できるよう精進していきたいと思っております。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。」




仕事始めの挨拶では、
新年の挨拶・昨年のお礼の気持ち・本年の意気込み』が肝心です。

一つ注意すべきは、相手が喪中の場合「おめでとうございます」という言葉は避けること。

上記のような挨拶内容であれば、自分の名前から始めましょう。


なお、仕事始めの挨拶は基本、対面でするようにしましょう。

年末の仕事納めと異なり
新年最初の出勤日にどうしても会えない場合は、翌日以降でも挨拶に行く機会はあります。

ですが、相手が同社の違う支社にいる場合など、
メールで挨拶をする機会もあると思いますので、社内メールの文例を紹介します。


社内メールの文例




例:「新年明けましておめでとうございます。
年末年始は十分に静養されたことと存じます。

旧年中は、なにかとお力添えを頂戴し、誠にありがとうございました。
本年は今まで以上、会社に貢献できるよう精進していく所存でございます。

本年もご指導の程、何卒お願い申し上げます。」




上記の内容でも良いですが、相手との印象深い出来事など
ご自身の状況に合わせて具体的な肉付けをすることをお勧めします。

なお、社外宛のメールは、社内宛とは異なります。

先方が求めているのは『昨年のお礼の気持ち・本年の抱負』ではなく
『自社の営業開始日など業務に関わること』です。

必ず一文を入れるのを忘れないようにしましょう。


例:「△△株式会社 ○○課長殿

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
昨年は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。
本年も社員一同、皆様にご満足いただけるよう一層の努力をさせていただく所存でございます。
何卒、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

尚、新年は○月○日より平常営業いたします。

メールにて恐縮ですが、
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。」




また、このとき気をつけたいのが、メール本文に急ぎの用件を入れないこと。

仕事始めを迎えると色々な連絡が飛び交います。

新年の挨拶メールは後に回し、優先順位の高いものから処理をしていくはずです。

後回しにされないためにも、新年の挨拶メールと緊急性の高いメールは分けましょう。

仕事納めの例はこちら
仕事納めはいつ? 2016 その意味と良い挨拶の文例、タイミング

まとめ

仕事始めについて、立ち振る舞いや挨拶
憂鬱な気分の解消方法などを紹介させていただきました。

ぜひ、来年の仕事始めの参考にしてください。

楽しかった連休に後ろ髪を引かれるのは皆も同じ。

一足先に準備をして
一年の最初の出勤日をアイロンがかかったシャツ・磨いた靴で、身を引き締めて迎えましょう。

スポンサーリンク

関連記事