ハロウィンと言えば仮装!

しかし、ただ仮装をするだけでなく
ゲームをして大人も子供もパーティーやイベントで思いっきり楽しみましょう!

今回は、保育園・幼稚園の幼児から
少人数でも大人数でも簡単に盛り上がれる「ハロウィンのアイデアゲーム」をご紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンのゲームは簡単が一番

ハロウィンのゲーム

まず、ハロウィン仕様に飾り付けで雰囲気を出すとゲームも盛り上がりますね!

クリスマスツリーで使うような雪の白綿を使って蜘蛛の巣を作り
部屋全体や玄関スぺ-スに飾るだけでも一気にハロウィンらしくなります。

そこに竹ぼうきを飾ってみたり
オレンジ色のカボチャを使ってジャック・オー・ランタンを作ってみたり。


我が家の小学生の娘も毎年、
お友達にハロウィンパーティーに誘われて出かけて行きますが、

仮装をして互いの姿を褒め合いながら
持ち寄ったお菓子や飲み物を消化しつつゲームやお喋りに時間を費やしています。

ハロウィンの仮装は簡単でかわいい~本場的な観察をしてみる

仮装や飾り付けでハロウィンの雰囲気を感じながら・・
オススメの簡単なアイデアゲーム。

家族で楽しめるアイデアゲ-ム

ハロウィンのゲーム 簡単なアイデア

【手軽で簡単、風船割ゲーム】

風船の中にキャンディや紙吹雪

スパンコールなどを入れて折り紙の手裏剣を使って割ると言うシンプルなものですが
風船好きな子供達には喜ばれる事間違いナシです。


手裏剣ではなくオモチャのピストルにしたり

風船を扇風機で煽ると風船に動きが出るので、難易度が増して大人でも楽しめます。
射的も男の子には大人気です。


【ミイラ競争】

ハロウィン 仮装 ミイラ

ハロウィンの定番ゲ-ムとも言えますね。

家族内でパパチ-ムとママチームに分かれて
どちらが早くミイラを作れるかの競争をするゲームです。

まずは、足元から頭に向かって
上手にトイレットぺーパーを巻き付けてミイラを作りましょう!


ぺーパーは途中で破れても全く構いませんが、
綺麗に均等に巻きつけながら完璧なミイラ作りを目指して下さい。

早く出来た方が勝ちです。

巻き付ける紙は、安物の方がガサガサしてて巻き付けやすいのでおすすめですよ。

勝負後はビリビリに破ってお部屋のお掃除に活躍させると一石二鳥?!



【かぼちゃの福笑い】

特に小さな子供の居る家庭におすすめです。

大きな色画用紙でジャックオーランタンのかぼちゃを作り、
目や口、鼻などを作って切り抜きます。

プレーヤーに目隠しをして

かぼちゃの顔を作って貰うと言う簡単なゲームですが
周囲の手助けにより上手にお顔が完成すれば盛り上がります。

子供が集まる時などに事前に用意しておけば部屋が汚れる心配もありません。


ハロウィンの季節はリンゴの季節でもあります。

このリンゴを使って行う
ダック・アップルと言うゲームもあります。

赤ちゃん用の小さなビニールプールなどを使ってリンゴを浮かべます。

浮かべたリンゴを手を使わずに口だけで取るゲームなのですが
意外に難しいので競争形式にすると盛り上がると思います。

しかし、結構、服やら床が濡れるので覚悟とご注意を!

ハロウィンでお菓子を配るけど何が良い?本場のお菓子事情から考察

保育園、幼稚園や小学校でのゲームにおすすめ

上記のゲームも保育園・幼稚園・小学校でも使えるかと思いますが、
もう少し大規模で楽しめる簡単ゲーム。

まず、画用紙にかぼちゃを描いた物にお菓子や小物を貼り付けて
部屋中に隠します。

要は宝探しゲーム

お菓子を貼り付けずに点数を書いておき、
集めた合計点数により賞品が貰えるというゲーム形式も盛り上がります。


トイレットぺーパーの芯の中にお菓子や小物、
当たりくじやハズレくじなどを入れ

芯の上下を潰して色を塗ってお化けを作り、これを部屋中に隠して探す
宝さがしゲームも子供達に人気です。


筆者在住地のフランスでは「アヒル釣り」と言うゲームが子供達に人気です。

ハロウィン ゲーム

プラスチック製のアヒルを釣り上げるゲームですが

下に点数を書いておいて合計点によって商品が変わると言うゲームです。

所によっては、10羽釣り上げれば景品がもらえるなんて言うのもあります。

スポンサーリンク

大人のハロウィンゲ-ム

子供と違って和み系ではなく
ただひたすら罰ゲ-ムとか、食べ物の早食いとか早飲みとかが多いかも知れません。

子供の頃から食べ物で遊んではいけないと言われて育ちましたが
どうも大人だけになるとこの手のものが多いのが事実です。


ミニサンドイッチの中にやたらに辛子が多い物を紛らわせたり
お寿司の中に異常に多くワサビを塗りたくったものを混ぜてみたり。

これで当たってしまった人が罰ゲームになり、
仮装姿のままで1人でお買い物へ行かされるとか。

お酒も入っていて夜も更けて来ると
もう何でも楽しくなってしまうんですけどね!


ただ、仮装パーティーとして賑やかなので
あまり騒ぎ過ぎずにゲームに対して無理強いをしないことです。

大概はお酒も入っているので、些細な事から口論になりやすい状況なので注意です。

子供の場合は特に安全第一。
怪我をする様なものを使用しない事と、喧嘩に発展させない事が重要なポイントでしょう。

特に賞品が絡むとトラブルになりやすく、
また賞品が何もないとゲームへのヤル気が起きないのも現代っ子の特徴です。

上手く気分を乗せてみんなで楽しめる様に配慮しましょう。


ちなみに海外では、ゲームをすると言ってもカードゲームなどが一般的で

中にはチェスやオセロ、人生ゲ-ムなどを持って来る人も居るぐらいですが、
大体は飲んで食べて更に飲みまくるのが一般的です。

フランスに住んでみて、海外と日本のハロウィンの違うところは・・

日本と海外でハロウィンの楽しみ方は違う?

日本は完全に大人が楽しむコスプレパーティーになってしまっているところでしょうか。

そして、日本中の至る所やお店で、
ハロウィンのディスプレイやハロウィン関連グッズの商品や食べ物を見かけます。

ケーキ屋さんには
可愛いジャック・オー・ランタンや黒猫ちゃんが施された商品が沢山並び
あり過ぎて選べないほどにハロウィンの存在感が大きい感じですね。


海外では、大人はお菓子を用意するだけの人が多く、
子供達が楽しむイベントとして定着しています。

日本の様な関連グッズもほんの一握りです。

庭や玄関先のハロウィン飾りは、
各家庭で自作のかぼちゃを使って作ったり、ほとんど手作りで楽しむ人が多いです。


くり抜いたカボチャを使ってパンプキンパイやスープを作って
ハロウィンの日に食べる人も多く居ます。

お店でもディスプレイこそ見かけるものの
特に商品としては扱われていないので

いつの間にか気付かずに終わってしまう人が居るのも事実です。

ハロウィンの由来 日本ではいつから?本当に怖い「かぼちゃ」の意味



いかがでしたでしょうか。

ハロウィンのゲームで何をしようか悩んでいる方に参考になれば嬉しく思います。

近頃はゲームと言っても昔ながらのものではなく
テレビゲームなどが主流になっているので

是非ハロウィンなどのイベント時にはみんなで楽しく
レトロで簡単なアイデアゲ-ムをして盛り上がって頂きたいと思います。

スポンサーリンク