寒中見舞いの時期はいつまで?喪中と書き方

『寒中見舞い』を出す時期はいつからいつまで?

寒中見舞いは新年が明けてもまだ寒さの厳しい日が続く中
相手の体調を気遣って出す挨拶状のことです。

では、具体的にいつ、どのようにするのか、書き方やマナーなども説明していきます。

スポンサーリンク

寒中見舞い時期はいつからいつまで?

寒中見舞いは、文字通り『寒』の時期に出す季節の挨拶状のこと。

『寒』とは、小寒にあたる日から立春までの間です。


この寒中見舞いの投函時期については
地域により1月5日以降、1月8日以降、1月15日以降など
始まりが統一されていません。


新年の挨拶『年賀状』は、松の内(1月7日)までとされてますので、
一般的には1月10日以降を目安に送ると良いでしょう。



年賀状を出し忘れた場合にも寒中見舞いを送ることになりますので
それくらいの時期が相手を待たせすぎずちょうど良いと思います。


では、具体的にどのような時に寒中見舞いを送るものなのでしょうか。


・年賀状を出し忘れた相手への年賀状に代わる挨拶状

・喪中の方へ、年賀状を控える代わりの挨拶状

・自身が喪中の時の挨拶状

・喪中と知らずに年賀状をくださった方への返事として

・喪中の相手に誤って年賀状を送った時の詫び状として

・寒中見舞いをもらった時の返事


こうしてみると、やはり喪中関係の場合が多いと感じますね。

ではまず、喪中関係で寒中見舞いを送る際に、どのようにすべきか具体的に説明していきます。

スポンサーリンク

喪中の寒中見舞いは?年賀はがきはダメ?

まず、『喪中』とは、親族が亡くなり遺族が故人を偲ぶ『喪』の期間のこと。
非常にデリケートな時期のため、寒中見舞いには以下の注意が必要です。


年賀はがきを使用しない。

お正月に関するイラスト、文言などを入れない

なるべく落ち着いたデザイン、色味のものを使う


喪中で送る寒中見舞いはあくまでシンプルなものにします。


白黒である必要はないですが、お正月を連想するものを避け
雪やうさぎなど冬の風物詩を取り入れて、落ち着いた雰囲気にしましょう。


寒中見舞いは年賀はがきではなく、私製はがきを使用します。

それでは、寒中見舞いの文例をいくつかあげていきます。

寒中見舞いの良い書き方・文例 

寒中見舞いは、以下の順に書いていくと綺麗にまとまります。


季節の挨拶

・寒中見舞い申し上げます。

・寒中お伺い申し上げます。


相手の安否を気遣う言葉

・厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

・暖冬とはいえ、寒さ厳しい今日この頃、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。


年賀状のお礼やお詫び・近況の報告などの本文


年賀状を出していないお詫びとお礼の場合
   
   年頭にはご丁寧な年賀状をお送り頂き、誠にありがとうございました。
   新年のご挨拶が遅くなり申し訳ございません。


自分、または相手が喪中の時の場合
   
   昨年はいろいろとお世話になり、ありがとうございました。


喪中と知らずに年賀状をくださった方への挨拶の場合

   年頭にはご丁寧な年賀状をお送り頂きましてありがとうございました。
   昨年、私どもの祖母が他界し、新年の挨拶を控えさせていただきました。
   欠礼のお知らせを申し上げず、誠に申し訳ありませんでした。


喪中の相手に誤って年賀状を送ってしまった場合

   先日は、○○様の喪中を存じ上げずに年賀状をお送り、大変失礼致しました。
   深くお詫び申し上げます。


寒中見舞いの返事の場合
 
   ご丁寧なお見舞い状をいただき、ありがとうございました。


※事例ごとに上記のような一言を添えて、近況報告を書きます。



結びの言葉

・厳しい寒さの折、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

・本年も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願い致します。


日付

平成○○年1月○日
平成○○年1月吉日

文章は『拝啓』『敬具』などは不要です。

寒い時期のご挨拶状ということを念頭におき、相手を気遣う文章で書きましょう。

寒中見舞いの返信について

寒中見舞いの中には、喪中の相手に誤って出した年賀状の返事や
相手が年賀状を出し忘れたお詫びとして届くこともあります。

そのような場合、返事は必要ではありません。


ですが、季節のご挨拶としていただいた時は、返事をお返しした方が相手も喜びますし
丁寧な方だと良い印象を持たれるでしょう。

難しい内容ではありませんので、ぜひチャレンジしてみてください。


同時に押さえておきたい
小寒・大寒 2017年はいつ?その意味と由来。「大寒たまご」とは?

まとめ

季節の挨拶状は、相手を気遣う気持ちを表現したものです。

こうした気遣いは、教養のある大人への第一歩。
受け取る相手を思いやり、あなたの言葉で寒中見舞いを書いてください。

スポンサーリンク

関連記事