七草粥の由来と作り方、春の七草

「七草粥」ってなんとなくは聞いたことあるんですけど

いつ食べるものだっけ?


たまにスーパーで「七草粥セット」なんて見かけますが
どうやって作ればいいのでしょう。

今回はいつ食べるか?由来や歴史、春の七草の意味もあわせて紹介します。

きっと家族に振舞いたくなりますよ。

スポンサーリンク

七草粥はいつ食べるんだっけ?

七草粥のセットがスーパーに並び始めるのは新年、特に1月の5日6日ごろですよね。


それは七草粥が1月7日の朝に食べるのが一般的だからです。


七草粥には、春の七草を食べることで
一年健康に過ごせるようにという願いが込められています。

食べる時には「今年も一年元気に過ごすぞ」という気持ちでいただきたいですね。

七草粥の由来

そもそも七草粥を1月7日に食べるという風習は中国から伝わったものだと言われています。

中国では新年の1月7日に一年の運勢を占うという風習があるそうで、
その占いに七草が使われていたんだとか。


そして、最後に占いで使った七草をお粥にして食べて、
神様のパワーをいただこうというのが七草粥が始まった由来、歴史なのです。


更に、日本でも春の草を使ってお粥を食べることはかなり一般的な習慣だったので、
中国から伝わってすぐに広まったのだと言われています。

実は中国から七草粥が日本に伝わった当初は穀物をメインに使ったお粥を七草粥として食べていたんですって。


ですが、次第に縁起の良い野菜や体にいい野菜が使われるようになり、
現在の形になったのです。


また、新年はおせちやお雑煮といったご馳走で胃腸も疲れがち。

七草粥の優しい味で胃腸を休められるため、一石二鳥だというわけだったのですね。

スポンサーリンク

春の七草の意味と覚え方

七草粥と春の七草、作り方


七草粥は「春の七草」ともいわれる七種類の草を使っています。

覚え方はリズミカルに、5・7・5のリズムに乗せて覚えましょう。


せりなずな、ごぎょうはこべら、ほとけの座、すずなすずしろ、春の七草
という覚え方は有名です。


それでは、それぞれに込められた意味を説明しますね。

<芹(せり)の意味とは>

「食べると競り勝つことができる」という縁起物です。

<薺(なずな)の意味とは>

ぺんぺん草のことなんですよ。
「撫でて、けがれを取り除く」とされ、胃腸にも非常にやさしい植物。



<御形(ごぎょう)の意味とは>

「ハハコグサ」という植物の別名であり、とても栄養の高い植物です。
「御形」とは仏様の体という意味もあるそうで
縁起の良い名前なので七草に使われています。


<繁縷(はこべら)の意味とは>


「繁」という漢字が使われていることから
「子孫繁栄」の願いを込めて七草粥に使われます。


<仏の座の意味とは>


その名の通り
仏様の座る「安座」に似た縁起の良い植物なので七草で食べられます。
道端に生えている雑草のイメージが強いですが、
疲れた胃腸を癒してくれる効能を持っているんですよ。


<鈴菜(すずな)の意味とは>


「すずな」と読みますが、カブのことを指しています。
「鈴」という文字が入っていることから「神様を呼ぶ鈴」という由来があるそうです。
縁起の良い野菜だったんですね。


<蘿蔔(すずしろ)の意味とは>


大根のことなのです。
大根は消化を助ける、栄養の高い野菜としても有名ですよね。

その白さから「潔白」というイメージがあり、
縁起の良い野菜として七草粥に使われています。


どれも縁起が良く、胃腸に良い野菜ばかりという事ですね。

意味を知ったところで、七草粥を作って食べましょう!

七草粥の簡単な作り方

七草粥はいつ?由来と作り方、春の七草

七草粥はとっても簡単に作れます。

普通にお粥を作るようにごはんを煮込んでおき
その間に七草を軽く湯通ししておきます。


炊き上がったお粥に、湯通しした七草をトッピングすればできあ上り。

七草自体にはあまり味がないので、お粥にしっかりと味をつけておくことをおすすめします。

それぞれの家庭の味の七草粥を作ってみましょう。


こちらも押さえておきたい
小寒・大寒はいつ?その意味と由来。「大寒たまご」とは?

まとめ

いかがでしょう。

七草粥って元々は中国から伝わってきた風習だったのですね。
1月7日に家族で食べて、元気に一年過ごせるように願いながら食べましょう。

お子さんには七草粥の由来を教えてあげながら
一緒に作るというのも素敵な新年になりそうです。

スポンサーリンク

関連記事